見ごろの県央地域のサクラはさらに開花が進む (2018.4.6)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

県央地域のサクラは記録的な早さで開花が進み、すでに見ごろを迎えている。週末にかけて天気が崩れる予報なので、5日は何カ所かサクラの開花状況を撮影して回った。

サクラのトンネルを抜けてJR弥彦駅に吸い込まれていく列車
サクラのトンネルを抜けてJR弥彦駅に吸い込まれていく列車

県央地域一の花見客を集める弥彦村では、駅前のサクラは満開、弥彦公園の大きなサクラは3分咲き。「おもてなし広場」がグランドオープンしたばかりのこともあり、この週末は花見客で大にぎわいになりそうだ。弥彦駅近くの弥彦線の両側にはサクラ並木があり、ピンクに染まったサクラのトンネルを抜けて列車がJR弥彦駅に吸い込まれていた。

駅前と「おもてなし広場」向かいの駐車場付近の弥彦公園でサクラのライトアップも行われている。

駅前広場のにぎわい
駅前広場のにぎわい

サクラのトンネルを抜けてJR弥彦駅に吸い込まれていく列車
外苑坂通りからの弥彦公園入り口

弥彦公園入り口で咲くサクラ
弥彦公園入り口で咲くサクラ

燕消防署前のサクラ並木は5分咲きで、満開近い木もある。7日からライトアップが行われる。

燕消防署前のサクラ
燕消防署前のサクラ

燕市南3、金山神社のサクラは満開。昨年、倒木のおそれなどから2、3本、大木を切って視界全体にサクラの花が広がる風景が見られなくなったのは残念だが、密集して咲く花は見事だ。

金山神社で満開のサクラ
金山神社で満開のサクラ

金山神社で満開のサクラ
金山神社で満開のサクラ

金山神社で満開のサクラ
金山神社で満開のサクラ

燕三条地場産業振興センターの上越新幹線側の水路の両側に、延長約200メートルに及ぶサクラ並木がある。7分咲きていどですでに見ごろ。水路両側の道路は交通量が少ないので付近を通っていても意外に知らない人が多い。花見を楽しむスペースはないが、美しいサクラ並木の穴場だ。

燕三条地場産業振興センターから南東側の水路に沿うサクラ並木
燕三条地場産業振興センターから南東側の水路に沿うサクラ並木
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


4月28日 道の駅 漢学の里 しただ 5周年祭
さんしんカードローン 来店不要WEB完結 三条信用金庫
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com