雨でサクラの開花はゆっくり 燕消防署前の桜並木のライトアップは1日前倒しで始まる (2018.4.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

6日の県央地域は朝晩は雨で日中も小雨がぱらつくこともあったが、三条の最高気温は平年並みの14.9度。県央地域のサクラの開花はそれほど進まなかった。

分水駅近い学校踏切を通過してサクラのトンネルへ向かう列車
分水駅近い学校踏切を通過してサクラのトンネルへ向かう列車

JR分水駅周辺の越後線沿いのサクラは七分咲きから満開。分水駅が旧名称「地蔵堂駅」として開業したころに植えられた樹齢約100年のサクラがことしも見事に咲きそろった。翌7日からライトアップが行われ、駅前で分水商工会青年部による桜茶屋の営業が始まる。

分水駅近く
分水駅近く

分水良寛史料館の前にはソメイヨシノとは違う品種のサクラ十数本が植えられている。ソメイヨシノより濃いピンク色の花を咲かせる。例年、ソメイヨシノより早く咲くらしいが、ことしはソメイヨシノよりやや遅れ、五分咲きから七分咲きだ。

分水駅のサクラ
分水駅のサクラ

燕消防署前のサクラ並木も7日からライトアップの計画だったが、サクラの開花が早かったため、1日前倒しして6日、始まった。ライトアップされたサクラを中ノ口川に水面に映して美しい風景を見せている。

分水良寛史料館のソメイヨシノではない品種のサクラ
分水良寛史料館のソメイヨシノではない品種のサクラ
燕消防署前のサクラのライトアップ
燕消防署前のサクラのライトアップ
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/28(土)・29(日)JAにいがた南蒲「ただいまーと」2周年感謝祭
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com