燕市が産後ケア事業の利用可能施設を1施設から13施設に大幅拡充 (2018.4.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

産後うつなど出産直後の育児不安を和らげ、安心して産み育てられる子育て環境を支援する燕市の「産後ケア事業」を利用できる医療機関が昨年度は1施設だけだったが、4月2日から新たに三条市と新潟市の12施設を加えた13施設へと大幅に拡充した。

産後ケア事業の案内のちらし
産後ケア事業の案内のちらし

昨年度は燕市の渡辺医院でしか産後ケアを利用できなかったが、2日からは新たに三条市内2施設と新潟市内10施設でも利用できるようになった。新潟市内の10施設は、すでに新潟市の産後ケア事業の利用対象になっている施設。三条市内2施設は三条市が産後ケア事業を行っていないこともあり、初めて産後ケア事業の利用対象施設となる。

産後ケア事業は国の補助事業で、出産後のお母さんの心身をサポートする。県内では新潟市、新発田市、十日町市、小千谷市が燕市のように医療機関に委託して行い、見附市は自前の施設で行っている。燕市は昨年度から行っており、原則として3カ月未満の子どもを合わせて7日間、利用できる。

利用は宿泊型と日帰りのデイサービス型があり、利用料の自己負担額は宿泊型が1日当たりの費用から1日1万円を引いた額、デイサービス型は同じく1日3,000円を引いた額となる。産後ケア事業を利用できる施設の本来の費用は、宿泊型で1万5,000円から3万1,000円、デイサービス型は6施設だけの実施で5,000円から1万5,500円。

利用している医療機関で継続して産後ケアを受けたいという要望もあり、利用対象施設を大幅に拡充した。昨年度の利用は1年間で宿泊型だけ延べ16日間にとどまっており、さらに周知を図るとともに利用や問い合わせを呼びかけている。利用は各医療機関などへ申し込む。問い合わせは健康福祉部健康づくり課(直通・0256-77-8182)へ。



施設名 電話番号 1日当たり
費用
受け入れ
可能月齢
(未満)
1日当たり
費用
受け入れ
可能月齢
(未満)

渡辺医院 (0256)93-2148 15,000円 3か月 5,000円 3か月


レディスクリニック石黒 (0256)33-0150 25,000円 3か月 20,000円 3か月
茅原クリニック (0256)31-1103 15,000円 3か月 5,000円 3か月


荒川レディースクリニック (0256)72-2785 28,000円 3か月 11,500円 3か月
源川産婦人科クリニック (025)272-5252 23,000円
-27,000円
1か月
荒川・大桃エンゼルマザークリニック (025)281-1103 23,000円 3か月 8,000円 3か月
竹山病院 (025)228-7171 20,000円
-28,000円
2か月
とくなが女性クリニック (025)286-4103 25,000円 1か月
ロイヤルハートクリニック (025)244-1122 25,000円 1か月
新津産科婦人科クリニック (025)384-4103 25,000円
-33,000円
1か月
広橋産婦人科クリニック (025)260-7870 28,000円
-31,000円
1か月 14,000円
-15,500円
1か月
すずき産科婦人科クリニック (025)266-2728 28,000円 2か月
みちつき助産院 (025)263-0303 22,000円 3か月
s
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/28(土)・29(日)JAにいがた南蒲「ただいまーと」2周年感謝祭
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com