初めて「夜桜Shu*Kura」を分水駅に迎えておいらん役と満開のサクラが歓迎 (2018.4.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

15日(日)の燕市・分水おいらん道中を前に、サクラ並木のライトアップが施されているJR分水駅を目的地に11、12の2日間、臨時列車快速「夜桜Shu*Kura」の夜間運行が行われている。

分水駅で臨時列車快速「夜桜Shu*Kura」を迎えたおいらん役とほうかん役、鈴木市長も一緒に記念撮影
分水駅で臨時列車快速「夜桜Shu*Kura」を迎えたおいらん役とほうかん役、鈴木市長も一緒に記念撮影

この臨時列車は2日間とも新潟駅発18時09分で信越線、弥彦線、越後線を経由して19時31分に分水駅に到着。40分間停車して20時11分に分水駅を発車し、逆のルートで折り返して新潟駅着21時50分のダイヤで運行している。11日夜は3人のおいらん役が最終3回目の歩き方の練習を行ってから分水駅で列車を出迎えた。

分水駅ホームに滑り込む臨時列車快速「夜桜Shu*Kura」を手を振って迎える
分水駅ホームに滑り込む臨時列車快速「夜桜Shu*Kura」を手を振って迎える

2013年から毎年、分水おいらん道中を前に分水夜桜号が運行されている。新潟市内の会社に勤務する人が仕事帰りに車内でゆっくりと酒を酌み交わしながら同僚と夜桜見物に出掛けたり、鉄道ファンが乗車したりと好評。車両はジョイフルトレイン「きらきらうえつ」やお座敷列車「NO.DO.KA」が使われたが、ことしはついに「酒」がコンセプトの「Shu*Kura」が投入された。

パンフレットを配布して分水おいらん道中をPR
パンフレットを配布して分水おいらん道中をPR

分水駅は改札と反対のホームの後ろに長さ200メートルに渡ってずらりとサクラの木が並んでおり、臨時列車に合わせるように満開。夕方に激しく雨が降ることもあったが、列車の到着までにはやんだ

踊り浴衣の上にピンクのはっぴを着たおいらん役の3人は、それぞれの相方となるほうかん役とともにホームに並び、「ようこそ つばめ桜まつり分水会場へ」とある横断幕を掲げ、手を振って笑顔で列車を迎えた。鈴木力市長も列車に乗って分水駅で降りた。

駅前に集まった人たちと記念撮影
駅前に集まった人たちと記念撮影

ライトアップされた分水駅の桜並木を間近で見上げたおいらん役の3人が「きれい!」と声を上げれば、乗客はサクラに加えておいらん役に「きれい!」。おいらん役は乗客や駅前の人たちにパンフレットを配り、一緒に記念写真に収まったりしてサービスし、分水おいらん道中をPRした。

12日の運行では昨年のおいらん役が出迎え、分水商工会女性部によるハンドベルの演奏も行われる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com