19年12月オープンの三条市スポーツ・文化・交流複合施設の祈願祭 (2018.4.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市荒町2地内の三条市体育文化センターと三条市総合体育館の跡地に三条市が建設する「スポーツ・文化・交流複合施設」の建設工事安全祈願祭が13日午前9時から同所で行われ、翌2019年12月予定のオープンに向けて無事完成を願った。

三条市体育文化センターと三条市総合体育館の跡地で行われたスポーツ・文化・交流複合施設の建設工事安全祈願祭
三条市体育文化センターと三条市総合体育館の跡地で行われたスポーツ・文化・交流複合施設の建設工事安全祈願祭

施工業者が主催し、建築主の三条市、県議、市議、三条市体育文化センター及び三条市総合体育館改築検討委員会、地元関係者、工事関係者など80人余りが出席した。

八幡宮の藤崎重康宮司を斎主に、神事を行った。地鎮の儀では、設計・監理を行う(株)環境デザイン研究所の仙田満代表取締役会長、国定勇人三条市長、施工業者の(株)福田組の荒明正紀取締役常務執行役員と(株)加賀田組の志田友隆常務執行役員が、それぞれ斎鎌(いみかま)、斎鍬(いみくわ)、斎鋤(いみすき)を盛砂に入れた。

国定市長
国定市長

国定市長はあいさつで、旧体育文化センター及び総合体育館の閉館から約2年が経過し、市民には不便をかけていると述べるとともに、閉館を受入れてくれた利用者や検討委員会など関係者に感謝した。

さらに、平成31年12月の共用開始を予定している同施設は、「三条市のスポーツ文化の拠点となることはもちろんのこと、スポーツや文化を通じてこれまで以上に交流や賑わいを創出し、多彩な市民活動の拠点として子どもから高齢者まで多くの方から気軽に立ち寄って頂ける施設にしたいと考えております」と述べ、工事の安全を願った。

福田組の荒明取締役常務執行役員
福田組の荒明取締役常務執行役員

施行者を代表して(株)福田組の荒明取締役常務執行役員が謝辞を述べた。三条市を代表する施設になりうるたいへん重要かつ壮大な工事にかかわることができることに感謝するとともに身の引き締まる思いとし、「日本を代表する数多くの環境スポーツ文化施設の設計監理に携わられた環境デザイン研究所様のご指導のもと、特定協力企業体の総力を挙げ、一致団結し、安全に十分配慮しながら誠心誠意、施工してまいる所存でございます」と誓った。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com