15日の三条マルシェは三条別院と本成寺を会場に「寺deマルシェ」 (2018.4.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

ことし最初の三条マルシェが15日(日)、三条別院と本成寺の三条市内の代表的な2つの寺院を会場に「寺deマルシェ」と銘打って開かれる。

三条マルシェのポスターやちらし
三条マルシェのポスターやちらし

2会場とも午前10時から午後3時まで開かれる。三条別院は境内に17店舗、本成寺は赤門前駐車場に16店舗が出店する。うち10店舗が初出店で、三条別院の初出店は長野県小布施町から無添加リンゴジュースやジャムの「ソイルアンドベリーズ小布施」と長岡市寺泊からわらびもちやまんじゅうの「西山製菓」が出店する。

本成寺の初出店は、湯沢町からかためのドーナツ、マーホアなどの「MONGOON CAFE」、長岡市から「多肉植物・花雑貨haru:moe」、加茂市からマカロニグラタンやキャラメルポップコーンの「ダイニング椿亭」、三条市からタピオカジュースと特製フライドポテトの「鯛Cafe」、とりがらボンバーやレモンサワーの「とりからボンバー」、プリンや焼き菓子の「Luana」、また「県央カイロプラクティックグループ」がカイロプラクティックと整体、「ヤマハわたじん楽器」がエレクトーンなどのPRで出店する。

両会場を回るともらえる限定缶バッジ
両会場を回るともらえる限定缶バッジ

両会場とも午前10時からチャレンジイベント「マルシェ de トーナメント」を行う。三条別院では「早食いチャンピオンは誰だ!」として、三条の豆腐、ラーメン、ハンバーガーで先着8人による早食い競争を行う。本成寺では「スポーツチャンピオンは誰だ!」として大縄飛びや反復横跳びで運動神経を競う。

両会場を訪れた人には直径56ミリの限定缶バッジのプレゼントもある。今回から新企画「マルシェde川柳」をスタート。三条マルシェで毎回違ったテーマで川柳を募集し、優秀作品は三条マルシェのちらしに掲載する。今回は「花見」をテーマに募集する。

ことししの三条マルシェは、7月を除く4月から11月まで月1回、計7回開く。本成寺で開くのは今回が初めて。三条マルシェは9年目になるが、一度も訪れたことのない市民もまだ多く、足を運ぶきっかけになればと嵐南地区で開くことにしたもので、来場を呼びかけている。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/28(土)・29(日)JAにいがた南蒲「ただいまーと」2周年感謝祭
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com