昨年に続く荒天のなかでも弥彦の湯かけまつりはかけ声も威勢良く (2018.4.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦村の弥彦温泉街と弥彦神社で15日、春の弥彦観光の幕開きを告げる湯かけまつりが行われた。雨と強風に見舞われるあいにくの天気だったが、神湯(かみゆ)を載せた湯曳(ゆひ)き車を一般参加者も一緒になって引き、かけ声も威勢良く練り歩いた。

弥彦で湯かけまつり
弥彦で湯かけまつり

湯かけまつりのフォトアルバム

午後から駅前を出発して停車場通り、外苑坂通り、神社通り、そして弥彦神社まで約1キロを進んだ。行列を主導するのは、弥彦神社氏子青年会(三方剛会長)。コール&レスポンスのように「えんやー!」のかけ声とともに湯曳き車の前後にある綱を引いて進んだ。

後綱を引いて後ろに引っ張る
後綱を引いて後ろに引っ張る

あわせて白丁を着た会員は、厄除開運、無病息災、学業成就などのご利益があるとされ神湯を含ませた青笹を沿道の見物客に頭から払いかけた。一般参加も一緒に綱を引いたが、湯曳き車の後ろについた後綱を引く氏子青年会が再三、いたずらして逆方向に綱を引き、綱引きのようになって盛り上がった。

神湯をかけてもらう見物客
神湯をかけてもらう見物客

途中で湯曳き車を止めて木遣り、たる太鼓、盆踊りも。弥彦神社境内に入ったら階段を上る手前の手水舎(ちょうず)のところで神湯を湯曳き車から3基のみこしに移し、そこから舞い込むように拝殿前まで駆け上がる。最後にみこしを激しくもみ、参拝して終わり、神湯は参拝者に配布した。

荒天の割に大勢に一般参加者で湯曳き車を引く
荒天の割に大勢に一般参加者で湯曳き車を引く

湯かけまつりは30年余り前、弥彦衰退の危機感から活気を取り戻そうと始まった弥彦オリジナルの行事。ことしで32回を数えた。弥彦の花見シーズンにもあわせており、ことしはサクラの開花が早く葉桜になるのではと心配されたが、弥彦公園のサクラは散り始めと踏ん張ってくれた。

神湯を載せたみこしを神社拝殿前で激しくもむ
神湯を載せたみこしを神社拝殿前で激しくもむ

しかし昨年に続いて荒天に見舞われた。風がピークに達したころは旗持ちが風で前に進むことができなくなって、しばらく足止めされることもあった。その割には見物客が多く、多いときで200人近くが綱を引いた。燕市から友だちと訪れた女性は「血が騒ぎます」とキャッキャ言いながら声援を送っていた。

湯かけまつりを事故なく務めあげた弥彦神社氏子青年会の三方会長
湯かけまつりを事故なく務めあげた弥彦神社氏子青年会の三方会長

昨年、弥彦神社氏子青年会の会長に就いた三方会長は、昨年に続く荒天で雨男の返上とはいかず、最後のあいさつで「本日は大変いい天気なか」と笑わせながらも「無事にけがもなくこれたのも大神さまのおかげと思います。天気も恵みの雨、雨降って地固まるということで」と関係者に感謝した。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com