三条市議選の投票率は史上最低54.21% 名古屋氏の得票4,268票は三条市議選史上最多 (2018.4.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

22日、任期満了に伴う三条市議会議員一般選挙が行われ、定数22に対して3人超過で現職20人、元職1人、新人4人の計25人が立候補した結果、現職20人、元職1人、新人1人が当選した。トップ当選は名古屋豊氏で、その得票数4,268票と3期連続トップはそれぞれ、三条市史上最多の記録となった。

「手が震える」と言いながらだるまの目入れをする名古屋氏(左)
「手が震える」と言いながらだるまの目入れをする名古屋氏(左)

当日の有権者数は、83,397人、投票者総数は45,212人で、投票率は54.21%。旧三条市時代からみても最低だった前回2014年4月27日の57.82%をさらに3.61ポイント下回る史上最低の投票率となった。

午後9時10分から三条市厚生福祉会館で開票が行われた結果、名古屋豊氏(44)が4,268票で、初当選の2010年から3期連続でトップ当選となった。また、新人3人のうち、馬場博文氏(57)1人が当選を果たした。

名古屋氏の選挙事務所で万歳
名古屋氏の選挙事務所で万歳

名古屋氏については、得票数が4,000票を超えたのも、3期連続トップ当選も三条市では初めてのことだった。名古屋氏は、初当選の2,010年に3,304票、前回2014年に3,156票だったが、3,000票台の記録もそれまでにはなく、名古屋氏が初めてだった。それまでは、2006年の田中寿氏の2,902票が最多だった。

名古屋氏は、4,268票の得票について、「本当に多くの皆さま方に支えられて今回の選挙を戦ってきました」と感謝した。そして、総数にこだわるということを密かに思っていたなかで10時半の第一報(1,400票)。私は、選挙事務所としていた実家で母親と2人で聞いた。すでにほかの候補に差をつけられていた発表に、「正直混乱しました」。

名古屋氏
名古屋氏

あれだけのことを僕自身も4年間、8年間やらせて頂き、その思いをくんでくださって、一緒に活動して下さったのに、こんなことはありえないと思いながらも、現実を受け止めて結果が出る前に皆様にお詫びしなければと思ったと、目に涙を浮かべるように明かした。

しかし思いもよらずこういう結果になりましたと言い、さらに、この数字は、「これはゴールではないんです、スタートなんです」。「さらに、8年前、4年前とも同じことを言いましたが、にこにこ笑っている場合じゃないんです」、「今回の選挙戦を通じて、三条市議会が市民からだんだん遠くへ離れてる存在になっていると感じた」、「私自身も含めて現職の責任」と述べ、4年後少なくとも、女性が2,3人、30代、40代が3人、4人、三条市議会に挑戦するという環境づくりをしっかりやっていきたい」と話した。

新人でただひとり当選した馬場氏
新人でただひとり当選した馬場氏

また、「みなさんと共に考え、訴えていこうと走りました。4,268人の大きな大きな市民の皆さんの思いが、必ず私の3期目の議員活動とともに動き出すと堅く信じています。よろしくお願いします。これからも名古屋豊とともに考え、行動してください」、深く頭を下げた。

馬場氏の選挙事務所には70人近い支持者が集まり、午後10時半の第1回目の開票速報を確認して、万歳を行った。馬場氏は、「新人のなかで唯一当選させて頂き、とてもありがたい」と感謝し、選挙戦でもたくさんの人と話し、「今後、皆さんの声を市政に届けていいたきたい」と約束していた。

(坂井)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


社会福祉法人どれみ福祉会 企業主導型保育園「どれみっこ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com