創立50周年を前に三条南ロータリーが三条市に車1台を寄付 (2018.4.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

6月に創立50周年を迎える三条南ロータリークラブ(野崎正明会長)は23日、50周年の記念事業として三条市に約210万円相当の車両1台を寄付した。

三条南ロータリークラブの野崎会長から国定市長に寄付した車両1台の目録を手渡す
三条南ロータリークラブの野崎会長から国定市長に寄付した車両1台の目録を手渡す

午後2時に、同クラブの野崎会長、熊倉高志幹事、創立50周年実行委員会の坂本洋司委員長、佐々木常行副委員長、西潟精一創立50周年事業委員長が市役所を訪れ、野崎会長から国定勇人市長に車検証と鍵を手渡した。

車は、ホンダのフリード1台。1500CCで7人乗り。シルバーの車体のボンネットなどに「ロータリー号」と記されている。

三条南ロータリークラブは、1968(昭和43)年6月に三条ロータリークラブをスポンサーに金子六郎会長、田中正佐久幹事のもと、26人のチャーターメンバーでスタートし、ことしで50周年の節目を迎える。記念事業として6月に三条市・ビップで記念式典を行い、車両の寄付もその一環。

市長室で国定市長と歓談する三条南ロータリークラブメンバー
市長室で国定市長と歓談する三条南ロータリークラブメンバー

40周年事業でも当時の坂本洋司会長のもと、ハイエース1台を市に寄付しており、今も鍛冶のイラストが描かれたラッピングカーとして活躍している。

今回のフリードも公用車として行政課が管理し、必要な課が利用するようになる。野崎会長は、ロータリークラブは社会奉仕団体であり、三条市に使ってもらうことで、間接的に市民のためにもなればと話していた。

(坂井)

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com