弥彦村に初めての地域おこし協力隊 (2018.5.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦村初の地域おこし協力隊1人に1日、委嘱状が交付された。翌2日から一般社団法人弥彦観光協会(神田睦雄会長)に勤務し、おもてなし広場の運営サポートや弥彦観光の情報発信に取り組む。

弥彦村初の地域おこし協力隊・遠藤さん
弥彦村初の地域おこし協力隊・遠藤さん

地域おこし協力隊に委嘱されたのは、新潟市中央区出身の遠藤佑香さん(35)。任期は来年3月30日までだが、最大で3年間の更新の可能性がある。

遠藤さんは飲食業に就いた経験が長く、この4月末までパン屋で働いていた。「気持ちが落ち込んだり、リフレッシュするときに弥彦へ来ることがある」と言い、古事記や日本神話に興味があると言う遠藤さんにとって弥彦は特別な場所だ。

「そんな神社を中心としたまちで生活してみたい。新潟市から1時間も離れていないのに全然、雰囲気も違うし、山に囲まれた場所がすごく魅力的で、歴史とまちについて知りたい」と地域おこし協力隊に応募した。

遠藤さんにとって弥彦は特別な場所
遠藤さんにとって弥彦は特別な場所

地域おこし協力隊となって「自分が体験して楽しんだことを発信していきたいし、いろんな人と知り合いたい」と期待を膨らませ、「いずれ弥彦のボランティアガイドもやってみたい」と張り切っている。

弥彦村は昨年春から地域おこし協力隊を募集し、東京で開かれた新潟県主催の地域おこし協力隊募集イベントにも参加したが、昨年度は応募がなく、この4月になって遠藤さんから応募があった。村では引き続き地域おこし協力隊を募集している。

(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
8/11-16 道の駅「燕三条地場産センター」燕三条じばさん お盆フェア 2018
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
新潟・三条の酒「福顔(ふくがお)」
8/10まで「うんめもんフェアー」道の駅 漢学の里しただ 8/1-10盆花フェアー開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com