「おもてなし広場」グランドオープン記念で天野尚写真展「地球点描」 (2018.5.2)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

一般社団法人弥彦観光協会(神田睦雄会長)では、新たな弥彦観光の拠点となることが期待される「おもてなし広場」がことし3月にグランドオープンしたのを記念して、その向かいの弥彦村多目的施設「ヤホール」を会場に3日から31日まで弥彦にゆかりの写真家、故・天野尚氏の写真展「地球点描」を開く。

3日開幕の天野尚写真展「地球点描」会場で2日に開かれた内覧会
3日開幕の天野尚写真展「地球点描」会場で2日に開かれた内覧会

天野氏は8×20インチのカラーリバーサルフィルムでは世界最大の超大判フィルムをはじめ、大判フィルムで世界でも類を見ない生態風景写真を撮り続けた。

一方でネイチャーアクアリウムを確立し、水景クリエイターとしても世界で活躍。また、16年間、競輪選手として活動し、弥彦競輪のある弥彦村とも縁があり、多彩な才能で精力的に生きたが、胃がんのため2015年に61歳で死去した。

る天野尚写真展「地球点描」のポスター
る天野尚写真展「地球点描」のポスター

2015年に弥彦村総合コミュニティーセンターで開かれた写真展「創造の原点」は、天野氏自身がプロデュースした最後の写真展となり、弥彦村の展覧会では空前の約2万人もの来場者を集めた。

弥彦観光協会は昨年夏に一般社団法人となり、おもてなし広場とヤホールの指定管理者となって今回が初めての自主イベント。15年の写真展のにぎわいを再びと天野氏の写真展を企画した。

作品は大判フィルで撮影した16点のほか、ブラジル、アマゾン、インド、マレーシアなどの民俗をテーマに撮影した写真やアクアリウムを含め30点近くを展示。天野氏が愛用した8×20インチフィルムで撮影できる超大判カメラも展示する。

死去する前年12月に撮影された初雪で雪化粧した弥彦神社の清そな社殿、弥彦山から見下ろす田んぼに水が入った蒲原平野の絶景。2008年のG8北海道洞爺湖サミット会場に展示された佐渡原始杉を代表する金剛杉の

開幕を前に2日は内覧会が開かれた。屏風のように巨大な作品でしかなし得ない、天野氏の撮影ポイントに立っているかのような解像度の高い描写に来場者は圧倒されていた。

毎日午前9時半から午後4時半まで開場、入場は4時まで。入場料は500円で中学生と障害者手帳提示者は無料。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
8/11-16 道の駅「燕三条地場産センター」燕三条じばさん お盆フェア 2018
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
新潟・三条の酒「福顔(ふくがお)」
8/10まで「うんめもんフェアー」道の駅 漢学の里しただ 8/1-10盆花フェアー開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com