三条パール金属スタジアムわきで日曜の朝の「しみん朝市」スタート (2018.5.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

冬場を除く毎週日曜日の朝、三条パール金属スタジアム脇で開かれる「しみん朝市」が13日、14年目の営業をスタートした。

三条パール金属スタジアムわきで今シーズンの営業が始まった13日の「しみん朝市」
三条パール金属スタジアムわきで今シーズンの営業が始まった13日の「しみん朝市」

三条市の生産者でつくる「しみん朝市仲間の会」(石黒貴之会長・会員25人)が運営し、4月から12月初めまでの毎週日曜日の朝、午前6時半(9月から午前7時)から8時半ころまで開く。

初日は、キュウリ、カブ、ホウレンソウ、イチゴ、タケノコ、山菜、パン、笹団子など三条産の野菜や食品、花などを販売する三条市の農家や生産者の17店が出店。午前6時半の開始とともに100人ほどでにぎわい、イチゴなどの人気商品は早々に売り切れた。

「しみん朝市」は、2004年に旧三条市が地産地消の推進の一環で、三条市厚生福祉会館で開いた「しみん夕市」が始まり。開始まもなく、7・13水害で中断したが、水害の被災者に元気を取り戻してもらおうと同年9月、大規模な仮設住宅が建設された月岡地内の同球場に会場を移し、「しみん朝市」として再スタートした。

水害の仮設住宅がなくなったあとも継続し、14年目。2011年の東日本大震災の影響で避難した人たちが、一時は多数、入居した雇用促進住宅も近く、同市を利用した人も少なくなかった。

次々と訪れる買物客は、散歩途中に立ち寄った人、三条市総合運動公園を訪れた人などをはじめ、常連も多く、「おはようございます」、「元気らった?」と笑顔であいさつを交わしていた。

以前から朝市を利用している東鱈田の80歳代の夫婦は、「モモが大好きで、モモを買いに来るの。熟したのがおいしいし、安いし」と、まだ果物が並ぶ季節ではないが、朝市の魅力を話した。さらに、出店者と知り合いになり、朝市に来ることが楽しみ。購入したサトイモの苗の育て方を教えてもらい、サトイモ作りに挑戦したという。「いらないものまで買っちゃうんですよ」と、両手の買い物をした袋を見せて笑っていた。

新鮮で安くて美味しいもそうだが、出店者との交流も「しみん朝市」の大きな魅力となっているようだ。

開設場所は、球場の1塁よりの外野スタンド外で、トリムの森の入口の道路を挟んで向かい側の広場。雨降りの場合は、球場の玄関ホール近くの下屋部分に移動する。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
8/11-16 道の駅「燕三条地場産センター」燕三条じばさん お盆フェア 2018
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
新潟・三条の酒「福顔(ふくがお)」
8/10まで「うんめもんフェアー」道の駅 漢学の里しただ 8/1-10盆花フェアー開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com