ふじの木保育園5歳児が野菜の苗を買いに二・七の市へ (2018.5.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市西潟、社会福祉法人井栗福祉会「ふじの木保育園」(園児177人)の園児が22日、同園の畑で育てる野菜の苗の買物に、定期露店市場「二・七の市」を訪れた。

二・七の市で栽培する野菜の苗を買うふじの木保育園の5歳児
二・七の市で栽培する野菜の苗を買うふじの木保育園の5歳児

ふじの木保育園では毎年、園内の畑で園児全員で野菜を育てている。タネを購入するところから始め、畑に植え、水やりなどを行い、収穫。エダマメをゆでて食べたり、給食に取り入れたりして味わっている。

タネや苗の購入は、年長の5歳児が担当。午前9時半過ぎに、5歳児44人がバスなどに分乗して二・七の市が開かれているJR北三条駅近くの中央市場に到着。8人ほどのグループに分かれて、市場を見学したあと、野菜の苗やタネを売る店で買物をした。

購入する野菜の種類は、それぞれのグループで決めてきており、店主に「キュウリを3つください」、「ピーマン4つください」と声をそろえてオーダーし、袋に入れてもらった。

■■

カボチャの苗を買い、「カボチャのタネをまきました、め−が出て・・」と歌いだすグループもあったり、苗の上に置かれた食用菊の「かきのもと」の札を見て、「カキ(柿)の元?」、「カキの木がなるの?」、「カキのタネができるんじゃない」とかわいい質問も。園長から「帰ったら調べてみようね」とこちらは宿題になっていた。

店主は、小さなお客さんに「うれしいですよ。いきなり年齢層が下がって」と笑い、「子どもの声はいいですね。生き生きする」。市場全体に子どもたちの元気な声が響き、出店者も買物客も目を細めていた。

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com