五月晴れの燕・不動大社の春季大祭で100人近くが火渡り (2018.5.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市道金、不動大社(竹之内ミツイ宮司)で27日、春季大祭に伴う火渡りが行われ、百人ほどの信者が参拝に訪れて所願成就や病気平癒を願い、火渡りに挑んだ。

燕市の不動大社で春季大祭の火渡り
燕市の不動大社で春季大祭の火渡り

毎年5月最後の日曜に春季大祭が行っている。2年前はそれまで祭主を務めた竹之内宮司の長男、竹之内満さんが春季大祭直前に亡くなっため、やむなく火渡りを中止し、護摩祈とうだけ行った。昨年は不動大社の代表役員で満さんの娘の相田亜弓さんが祭主を務め、火渡りを復活。白装束に身を包んだ信者らとともに執り行った。

大護摩の炎に護摩木を投じる相田亜弓さん
大護摩の炎に護摩木を投じる相田亜弓さん

境内に井げたに組んだ木をスギの葉で覆った高さ1.5メートルほどの大護摩を設け、祝詞をあげ、玉串を捧げてから長い竹ぼうきのような道具を使って点火。般若心経が響くなか、大護摩はもくもくと白い煙を上げ、信者が願いを託した札木をくべ、弓太刀行事や火鎮めの儀、参拝者のはらいなどを行った。

参拝者のけがれを払う
参拝者のけがれを払う

火が収まったところで歩く場所を整え、金幣(きんぺい)を掲げた相田亜弓さんを皮切りに紙垂(しで)を手にした信者が願いを込めて次々と火渡りし、祭壇に参拝した。

五月晴れの汗ばむ陽気に、燃え盛る大護摩の火は一段と熱く感じる苦行になっていた。

(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条トレードショウ2018 出店者募集中
6月22、23、24日 スーパーハウス ナガワ長岡展示場
2018 県央工業高校同窓会 6月22日開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com