燕三条「畑の朝カフェ」 自分で摘んだハーブをサラダで味わう (2018.5.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県・燕三条地域の畑を会場に農園主が旬の趣向を凝らしたカフェ空間を提供する燕三条「畑の朝カフェ」が26、27の2日間、燕市井土巻のナーセリー&ガーデニング「 ハーヴェスト」で開かれた。

ハーヴェストでの燕三条「畑の朝カフェ」
ハーヴェストでの燕三条「畑の朝カフェ」

2日間とも定員通り8人が参加し、午前7時半から10時まで開かれた。自分が食べるサラダの食材を用意するところから始め、ハーヴェストの畑でラディッシュ、コリアンダー、レモンバー、ファンネル、バジル、イタリアンパセリ、ルッコラなど好きなハーブを摘んだ。

それを柔らかいフランスパンやスープ、デザートとともに味わったほか、ハーヴェストでは養蜂も行っており、遠心力で巣箱からはちみつをしぼる作業も見学、体験した。

サラダにするハーブを自由に摘む
サラダにするハーブを自由に摘む

26日の参加者は三条市、五泉市、見附市、長岡市、新潟市中央区から。青空が広がるさわやかな朝で、ハーヴェスト代表の土田信行さんの説明を聞いてハーブをじっくりと選んだ。インスタ映えするようなフォトジェニックな場面や風景が多く、写真で記録するためにスマートフォンが手放せなかった。

皿に並べたサラダの彩りは美しく、声をそろえて「おいしそう!」。食べては「おいしい!」と体験したことのない朝を味わっていた。

食欲をそそる華やかでヘルシーなメニュー
食欲をそそる華やかでヘルシーなメニュー

畑の朝カフェは、燕三条地域の田畑のロケーションを生かした体験型カフェ。2012年から開かれており、近年は冬場を除いて毎月1回、開かれている。

(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com