燕市と白根瓦斯がひとり暮らしの高齢者の見守りなどで協定 (2018.6.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市と白根瓦斯株式会社(燕市水道町4)は5月31日、地域の安全・安心活動に関する協定を締結。ひとり暮らしの高齢者などが安全で安心して住み続けられるよう高齢者の見守り活動や防犯パトロールなど地域の安全、安心活動に両者が協力して取り組む。

協定書を交わして握手する鈴木市長(左)と三原社長
協定書を交わして握手する鈴木市長(左)と三原社長

鈴木力市長と白根瓦斯の三原章司社長が調印書をかわした。燕市はガス事業を2005年に白根瓦斯に譲渡した。そのときにガス料金の据え置きなど13年間にわたる約束をした。

その13年目を迎え、鈴木市長は「その期限がくる。あらためて過去の経過を踏まえて未来へ向かってさらにいい関係を築いていくための協定」、三原社長は「白根瓦斯にガスの権益を譲り渡して本当に良かったと言っていただけるようなガス会社にまじめに取り組んでいく」と述べた。

協定の内容は、具体的には検針員が各家庭を訪問したときに高齢者などの日常生活に異変を感じたら情報提供するのが中心。そうした高齢者の見守りとしては、燕市では2012の新潟ヤクルト販売に始まり、市内の新聞販売店、郵便局、協栄信用組合に続いて5件目の協定締結となった。白根瓦斯の協力内容は次の通り。

  1. 業務を遂行する中で、高齢者等の日常生活に異変を感じた場合の情報提供
  2. ガスを供給する全世帯への定期保安巡回(法定4年毎)の確実な実施(※独居の高齢者世帯は1年毎に実施予定)
  3. 市内巡回等を通じた防犯パトロールの実施と地域の防犯活動への協力
  4. 業務用ガス厨房施設に対する不完全燃焼警報センサ無償貸与を可能な限り継続
  5. 子どもの健全育成に向けた学校教育、食育、地産地消等の活動への積極的な協力・支援
  6. 地域の社会福祉活動への積極的な参加・協力
  7. 地元の催事等への積極的な参加
  8. 供給区域内におけるガス工事について、燕市に入札参加資格のある市内事業者への優先的な発注

(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条トレードショウ2018 出店者募集中
6月22、23、24日 スーパーハウス ナガワ長岡展示場
2018 県央工業高校同窓会 6月22日開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com