4人立候補の田上町長選に佐野恒雄氏が勝利 (2018.6.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

3日、任期満了に伴う田上町長選が行われ、新人4人の激戦のなか無所属新人の佐野恒雄氏(71)が当選を果たした。

田上町長選に勝利した佐野氏の選対事務所
田上町長選に勝利した佐野氏の選対事務所

町長選は、佐野氏、元町議の笹川修一氏(61)、元町議の今井幸代氏( 33)、元町議の皆川忠志氏(69)が舌戦を立候補。現町長の後援会長の佐野氏が、現町長が後継指名した今井幸代氏(33)を296票上回る2,809票で当選した。

午後10時ころ、佐野氏は吉田新町地内の自宅に近い本家で、開票結果を聞き、集まった支持者80人余りとともに万歳三唱を行った。

だるまの目入れ
だるまの目入れ

佐野氏は、「ほんとにありがとうございました」と言葉を詰まらせ、深く頭を下げた。「この5カ月間、本当に大勢の方々からさまざまなご協力、ご支援とを頂いてがんばってきました、本当に皆さん方から大きな大きなご支援を頂いて、今日まで頑張ってこれたと思います」。

「今日の皆さんのご恩を決して忘れることなく、これから町民の方々の幸せのために精いっぱい頑張ってまいります」と述べ、支持者からは「おめでとう」、「まだこれから、これからですよ」と歓声と拍手が贈られた。

インタビューに応えた佐野氏は、「厳しい戦いだった」と振り返り、「人口減少問題、最も私の大事な仕事だと思って戦ってきた。田上町が今の減少の流れを止めることができるようにしていきたい」と話した。

さらに、佐藤町長への思いはとの質問には、「なんと、なんと申し上げていいか」と、しばらく考え、「私たち、3期、後援会長を務めてました。突然の後継指名でしたので、ひじょうにびっくりしました。20年にわたっての町政でした。率直に申し上げて、おおぜいの方々のご支援があって今の佐藤町長があったのだと思っています。そういう意味で、大事なものを忘れておったんじゃないかと思う」。

また、「わたし自身、議員の経験はありませんけれど、今まで歩んできた経験をいかして、町政の先頭に立っていきたい」と話した。同時に行われた町議補選とあわせて開票結果は次の通り。21:55

田上町長選開票結果
佐野恒雄 71 無・新 2,809
今井幸代 33 無・新 2,513
皆川忠志 69 無・新 986
笹川修一 61 無・新 936
田上町議補選開票結果
藤田直一 66 無・新 1,777
渡辺勝衛 70 無・新 1,603
中野和美 55 無・元 1,274
高橋秀昌 67 共・元 1,177
西山英仁 63 無・新 674
品田政敏 65 無・現 427

(坂井)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条トレードショウ2018 出店者募集中
6月22、23、24日 スーパーハウス ナガワ長岡展示場
2018 県央工業高校同窓会 6月22日開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com