加茂市がロシアのコムソモリスク・ナ・アムーレ市へ派遣する中学生代表団の結団式 (2018.7.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市は24日から31日までの8日間、友好関係にあるロシアのコムソモリスク・ナ・アムーレ市へ中学生代表団を派遣するのを前に12日、市役所で代表団の結団式を行った。

結団式で「カチューシャ」を日本語と英語で全員合唱する代表団の中学生

両市は1991年に交流を始め、翌年から毎年、互いの子ども代表団の派遣と受け入れを行い、96年以降は交互に両市を訪問している。コムソモリスク・ナ・アムーレ市はロシア極東地方ではハバロフスク、ウラジオストクに続く第3の都市で人口約33万人。アムール川のほとりに位置する。

加茂市からの代表団派遣は今回で15回目。代表団には加茂市内に住む中学生41人から申し込みがああった。男女6人ずつ、12人を書類選考し、自己負担ゼロで派遣する。学年別は2年生と3年生が6人ずつで、学校別は市内の加茂中と葵中から3人ずつ、七谷中、若宮中、須田中から1人ずつ、燕市の燕中等教育学校1人、新潟市の新潟明訓中2人の内訳。今回は美術館での「加茂市中学生アート展」の開催が初めての企画で、代表団はその展示準備にもあたる。

生徒代表であいさつした乙川さん
生徒代表であいさつした乙川さん

結団式には代表団の中学生のほか、保護者も出席。団長の須田中の有本千晴校長は「彼らが堂々と自信をもってロシアの子どもたちと交流し、何よりも健康と安全を第一に考え、子どもさんをお預かりして8日間の日程を無事に終え、笑顔で帰国できるように精いっぱい努める」、生徒代表で加茂中3年乙川文隆さんは、ロシアの文化とロシアの人たちとの交流を学ぶ一方、「本当の日本の文化をしっかり伝えてきたい」と話した。

最後に代表団は全員合唱でロシアの歌曲「カチューシャ」を日本語とロシア語で披露した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/27・28 ただいまーと 3周年感謝祭 JAにいがた南蒲
公益社団法人燕市シルバー人材センター会員大募集中!入会特典で日帰り温泉へ割引き優待。まずは入会説明会へ!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com