分水まつり初日は例年を上回る2万人の人出 夜はみこしや踊りで熱気 (2018.7.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

21、22の2日間開かれている燕市分水地区の夏まつり「第47回分水まつり」は、初日21日は主催者発表で2万人の人出でにぎわい、夜はみこしや民謡流し、仮装盆踊り大会で熱気にあふれた。

分水まつりの分水みこし
分水まつりの分水みこし

21日の日中に行われた交通安全パレードは、猛暑による熱中症が心配されたため分水地区3小学校による小学校金管鼓笛隊の演奏を中止した。当然、人出も少なかったがその分、夜になってからまつりへ繰り出す子どもたちが増えたようだ。

会場の地蔵堂本町通りと周辺は昨年より7店多い77の露店が並び、例年を上回るにぎわいだった。昨年、主催者は人出を2日間で3万人としたが、ことしは初日だけで2万人とした。

分水みこし
分水みこし

夕方から分水みこしと子ども分水みこしが発進。その一方で特設のお祭り広場でうたと踊り市民芸能ステージから民謡流しと仮装盆踊り大会が行われた。みこしは諏訪神社を出発して威勢のいいかけ声とともに地蔵堂本町通りを往復した。

地蔵堂おけさ
地蔵堂おけさ

民謡流しは187人が参加して「地蔵堂おけさ」を踊り、仮装盆踊りは大会は「分水甚句」を踊った。「地蔵堂おけさ」は2人1組になって踊るパートのあるユニークなおけさ。仮装盆踊り大会には8団体が出場し、怪盗グルーとミニオンズ、ルパン三世、新御三家などユニークな仮装がそろった。審査を行って5位以上を表彰し、越後楽笑会の「水戸黄門」が優勝した。

仮装盆踊りは大会で優勝した越後楽笑会の「水戸黄門」
仮装盆踊りは大会で優勝した越後楽笑会の「水戸黄門」

22日は午前10時から諏訪神社例大祭、午後1時から諏訪神社みこし渡御、2時15分から太鼓道場分水、3時から分水チェリーベルによるミュージックベル、4時15分からの予定だったヲミワケ太鼓は中止し、続く5時半からの園児よさこいソーラン・分水児童館ダンス・よさこいソーランは、園児よさこいソーランを中止。7時半からの太鼓の響演で終わる。

「ルパン三世」の仮装
「ルパン三世」の仮装

分水商工会女性部「ゆかた微人」
分水商工会女性部「ゆかた微人」

燕市元気磨きたい「湯上がり娘たち」
燕市元気磨きたい「湯上がり娘たち」

センター分水と老健てらどまり「怪盗グルーとミニオン」
センター分水と老健てらどまり「怪盗グルーとミニオン」

「新御三家」
「新御三家」

見よう見まねで踊る女の子
見よう見まねで踊る女の子
(佐藤)
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com