弥彦燈籠まつりのハイライトは外国人客が目立つ (2018.7.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

24日から26日までの3日間にわたって新潟県弥彦村で行われている弥彦燈籠まつりは25日夜にハイライトを迎え、花火が打ち上がるなかで御神輿渡御や大燈籠巡行が行われ、日付がけ変わる深夜まで弥彦の夏を盛り上げた。

弥彦燈籠まつり
弥彦燈籠まつり

大燈籠は昨年より2つ少ない12の講中が参加した。大灯籠は角棒を幅1メートル、長さ2.5メートル、高さ60センチほどの大きさに格子に組み、上面と側面に紙を張って上に大きな造花を飾り、ぼんぼりを立てたもの。午後7時から順に弥彦神社で参拝したあと宿下りでそれぞれの講中の宿の旅館へ向かった。スタート地点となった一の鳥居前でさっそく大燈籠をくっつけ、押し合いで力を競う講中もあった。

御神輿渡御
御神輿渡御

それぞれの宿ではよこさいソーランの踊り、子どもたちによる木遣り、たる太鼓演奏などが披露。エレクトリックなダンスビートのとなりで和太鼓がリズムを刻むなどカオスな盛り上がりを見せた。

スターマイン奉納花火大会¥
スターマイン奉納花火大会

そのうちにスターマイン奉納花火大会が始まり、いちばんの観覧場所のおもてなし広場周辺は座る場所がなくなるほど大勢の見物客が陣取った。決して大きな花火ではないが、打ち上げ場所が近いので迫力は十分。続いて弥彦山松明大行進、御神輿渡御、そして大燈籠巡行が町内を進み、深夜まで続いた。

神輿担ぎを体験したノルウェー人のSiriさん
神輿担ぎを体験したノルウェー人のSiriさん

これまでにないほど外国人客が多かった。近年は中国人の増加が目立ったがことしは欧米からと思われる外国人が目立ち、「やっぱりインバウンドが増えているのか」と話す人も。日本文化を学ぶために20日間、日本に滞在し、今は新潟市西蒲区にホームステイしているノルウェー人のSiri(シリ)さん(20)は神輿担ぎを体験し、「非常にエキサイティングで印象的」と話していた。

弥彦神社拝殿で参拝してから燈籠押しを披露する講中
弥彦神社拝殿で参拝してから燈籠押しを披露する講中

弥彦神社参拝後は宿下り
弥彦神社参拝後は宿下り

よさいこソーランの披露
よさいこソーランの披露

弥彦神社氏子青年会の小若組が木遣りを披露
弥彦神社氏子青年会の小若組が木遣りを披露

弥彦神社氏子青年会の小若組が木遣りを披露
弥彦神社氏子青年会の小若組が木遣りを披露

弥彦山松明大行進、御神輿渡御、そして大燈籠巡行が町内を進み、深夜まで続いた。

花火と大燈籠
花火と大燈籠

花火と大燈籠
花火と大燈籠

花火見物
花火見物

花火見物
花火見物

ちょうちんと花火
ちょうちんと花火


(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com