熱中症という二次災害に細心の注意を払った消火活動 (2018.7.31)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

30日午前、燕市下粟生津で住宅2棟が全焼した火災では、熱中症という二次災害にも細心の注意を払う消火活動となった。

スポーツ飲料などが入ったクーラーボックスを現場へ搬入
スポーツ飲料などが入ったクーラーボックスを現場へ搬入

消火活動が行われた時間帯の午前11時、三条では気温33.7度を観測していた。その猛暑に加えて燃え盛る炎が放つ顔を向けていられないような熱、全身を覆う防火衣の着用と、消防職・団員には暑さの三重苦が立ちはだかった。

防火衣の下は汗でびっしょりになっていることは想像に難くない。屈強な消防署員でも休憩中は道路にへたり込むこともあり、暑さによる体力の消耗は明か。周辺では警察署員が警戒や交通規制にあたったが、水を浴びたように髪を汗でびっしょりぬらしている署員もいた。

休憩の間に小まめ水分補給する消防職員
休憩の間に小まめ水分補給する消防職員

熱中症にならない方がおかしいくらいの猛烈な暑さに見舞われての消火活動だった。この夏はさまざまなイベントが中止になるほどの猛暑が続いているが、消火活動に中止という選択肢はない。消防職員は消防団員に対して繰り返し拡声器で「お疲れさまです。交代でやってください。暑いので十分、注意してやってください。体調管理には十分、注意してください」と呼びかけた。

現場指揮本部でも水分補給しながら活動
現場指揮本部でも水分補給しながら活動

消防職員も後発組と消火活動を交代し、職団員ともスポーツ飲料で水分を補給した。消火活動で関係者が熱中症で倒れては、それもある種の二次災害。熱中症にならないようそれぞれ自分の体調を確認しながら活動を続けていた。

(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
8/11-16 道の駅「燕三条地場産センター」燕三条じばさん お盆フェア 2018
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
新潟・三条の酒「福顔(ふくがお)」
8/10まで「うんめもんフェアー」道の駅 漢学の里しただ 8/1-10盆花フェアー開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com