三条市の地域おこし協力隊に元Jリーガーとしただ塾卒業生が着任 (2018.8.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市の下田地域を拠点に活動する「地域おこし協力隊」に1日、しただ塾卒業生と元Jリーガーの2人が新たに着任した。

1日から三条市下田地域の地域おこしに着任した2人が国定市長にあいさつ
1日から三条市下田地域の地域おこしに着任した2人が国定市長にあいさつ

1日、着任したのは、三条市(下田地区)出身の橋本龍馬さん(31)と大阪府吹田市出身でサッカーJリーグ「アルビレックス新潟」でも活躍した井上公平さん(39)。

2人は1日午前9時、市役所を訪れ、国定勇人市長に着任のあいさつをした。

橋本さんは、下田中学校、県立加茂農林高等学校、全日本ウインタースポーツ専門学校卒業。下田地域に3カ月余り滞在して座学や市内視察、現場実習などを行う滞在型職業訓練施設「しただ塾」の平成29年度観光・アウトドアコースの卒業生。

地域おこし協力隊としては、農業関係の活動がメーンだが、川で遊べるような環境も考えてみたいとし、「地元の子どもたちに、下田にいる楽しさを伝えて行きたい」と抱負を話した。

左が下田出身でしただ塾卒業生の橋下さん、右が元Jリーガーの井上さん
左が下田出身でしただ塾卒業生の橋下さん、右が元Jリーガーの井上さん

井上さんは、1997年4月にサッカーJリーグ「JEF UNITED 市原」入団、99年4月に「アルビレックス新潟」に移籍、2001年3月退団。同年、佐川急便東京支社に入社、佐川東京サッカー部(JFL)所属。07年、佐川コンピュータシステムを経て、10年佐川急便(株)新潟支店への転職で再び新潟へ。

井上さんは、小学校などを巡回してサッカーの指導をするなどの活動を行っていく。「地元の住民と協力し合って、スポーツを通じて若者が集まる地域にしたい」と話した。

2人の任期は、1日から翌2019年7月31日で、最長3年まで更新ができる。三条市の地域おこし協力隊は、下田19人、まちなか4人の計23人となった。

(坂井)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com