三条市が岡山県倉敷市へ向けて災害ボランティア派遣第4弾 (2018.8.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市は、9日(木)夜に出発して翌10日(金)深夜に帰着の日程で、平成30年7月豪雨被災地への災害ボランティア派遣第4弾、岡山県倉敷市で活動するボランティア15人を6日(月)から募集する。

9日午後8時50分までに市役所三条庁舎に集合。市の大型バス1台で午後9時に出発し、翌10日午前8時に岡山県倉敷市災害ボランティアセンターに到着。午前9時から正午までボランティア活動を行なう。午後0時半に同センター出発で帰り、11時半ごろ帰着。活動場所や行程は状況によって変わることがある。

三条市の災害ボランティア派遣は、7月20、21日に初めて行い、26、27日に2回目、7月31、8月1日に3回目を行って今回で4回目。2、3回目と同じく岡山県倉敷市で土砂の取り出しやごみの搬出を行う。

募集対象は18歳以上の健康な人で、20歳未満は保護者の同意が必要。参加は無料で、10日の食事や飲み物は市が準備する。参加者は長袖、長ズボン、長靴、着替え、雨具、帽子、タオル、健康保険証の写し、そのほか必要な物を持参する。作業道具は必要ない。

募集は先着15人で、申し込みは6日(月)午前8時半から7日(火)午後5時まで三条市行政課防災対策室(直通電話:0256-34-5516)で受け付ける。過去3回の募集は、すべて受け付け初日に定員に達している。

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com