第40回の節目のはし供養祭で約1000膳のはしを焼納 (2018.8.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

語呂合わせで「はしの日」の8月4日、県央食品衛生協会三条支部(石川友意支部長)は、三条市の八幡宮(藤崎重康宮司)で「はし供養祭」を行い、日本人として大切な「はし」に感謝した。

ことしも「はしの日」に八幡宮で行われたはし供養祭
ことしも「はしの日」に八幡宮で行われたはし供養祭

午前10時半から、拝殿で長さ約60センチのヒノキのはしを供えて神事を行い、境内にたいた神火に支部員や市民が持ち寄った使用済みのはし約1,000膳、2,000本以上を焼納した。

藤崎宮司が神火にはしをくべ、支部員や参拝者も燃え上がった炎にはしをくべ、感謝とともに延命長寿などを祈った。

手洗い指導の体験コーナー
手洗い指導の体験コーナー

父親と参拝した三条市の小学4年生上村陸くん(10)は、「ありがとうございました」と思いながら手を合わせたと話し、食べ物を口に運ぶはしに感謝した。

また、同支部では、おおぜいの市民に参加してもらおうとイベントを行っており、今回も焼きそば300食、かき氷200食を無料配布。子どもたちには水ヨーヨー釣りなどを楽しんでもらい、さらに除菌衛生啓蒙活動の一環で手洗いの指導を行う体験コーナーも開設した。

焼きそばとかき氷を無料でふるまった
焼きそばとかき氷を無料でふるまった

はし供養祭は昭和50年に民俗学研究者が「はしを正しく使おう」と提案して始まり、東京・日枝神社の箸(はし)感謝祭が有名だ。三条ではその3年後の昭和53年に当時の三条割烹組合(今の三条総合飲食サービス業部会)の有志が、はし供養祭を行ったのが始まり。7.13水害の年に休んだ以外毎年、続けており今回で40回目となった。

(坂井)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com