大学野球サマーリーグは企画チームの企画、運営でひとづくりも (2018.8.14)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

9日から12日まで三条パール金属スタジアムを拠点に開かれた大学野球サマーリーグは、ことしも学生でつくる企画チームで企画、運営した。

企画チームの学生
企画チームの学生

東京六大学をはじめ首都圏の大学野球部の1、2年生選手による育成を目的とした総当たり戦。4年目になったことしは、慶応、早稲田、明治、立教、東洋、筑波の6大学が参加し、明治が優勝、早稲田が準優勝した。

その一方で「ひとづくり」をテーマにしている。各大学野球部マネジャーらで企画チームを編成し、企画、広報、当日の運営までほぼすべてを学生が主体となって取り組む。

ことしは慶応5人、法政、早稲田、立教から2人ずつ、明治1人の12人で企画チームを構成し、2月から準備を始め、月1、2回のミーティングを行い、本番が近づくと毎週のように集まり、サマーリーグ最初の3日間に行った野球教室も企画した。

3日目の夜、行われた交流会
3日目の夜、行われた交流会

案を出し合って各学校のおとなの代表者とも話し合い、入念に内容を詰めてきた。日程も残り1日となった11日夜、見附市・イングリッシュガーデンホテル レアントで交流会が開かれ、参加大学野球部の選手やマネジャーら約200人が参加してにぎやかに過ごした。

企画チームの慶応大3年桑野裕伸さんは「ミーティングから準備は大変だったけど楽しかった。選手が一生懸命にプレーしてくれたのが何よりうれしい」、法政大3年大角怜司さんは「初めてことばかりでしたけど、みんな楽しそうにやって頑張ってくれて良かった」と無事に閉幕のめどが立ち、ほっとすると同時に充実感を味わっていた。

また、サマーリーグで初めての早慶戦で、初めての応援合戦を繰り広げた慶応大学應援指導部と早稲田大学応援部がそれぞれ配布したメガホンにそれぞれの部員の名前を書いてくれるよう頼んだところ、寄せ書きをしてくれた。

慶応應援指導部の寄せ書き
慶応應援指導部の寄せ書き
早大応援部の寄せ書き
早稲田応援部の寄せ書き

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com