猛暑のなかで越後加茂川夏祭りに4万人 (2018.8.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

第33回越後加茂川夏祭りが14日、加茂市の市街地を流れる加茂川河川敷で開かれた。数日ぶりの猛暑のせいか日中の出足に影響があり、昨年より1,000人減となったが延べ4万人(主催者発表)の人出でにぎわった。

第33回越後加茂川夏祭りの花火大会
第33回越後加茂川夏祭りの花火大会

毎年、盆休みの14日に開いており、帰省中の家族や友人と訪れる人も多い。会場は、ことしも加茂川にかかる諏訪橋と栄橋の間の両岸の河川敷。上流と下流に川を横断するように設置した2本の砂利の仮橋で結び、昼のイベントと夜の大盆踊り大会、大花火大会を行った。

大盆踊り大会
大盆踊り大会

夜の部は、午後7時10分に開会セレモニーを行い、7時25分から大盆踊り大会。仮橋で結んだ右岸と左岸の河川敷を11団体約400人の踊り手が参加し、『加茂松坂』を踊り流した。

ミス雪椿
ミス雪椿

大花火大会は午後8時半、仮橋といっしょに造られた中洲に設置した噴水花火でスタート。河川敷に腰を下ろした観客の目の前で上がる噴水花火は、光のシャワーが吹きだす音と光で迫力満点。

大ナイアガラ
大ナイアガラ

2尺玉3連発など、市街地上空に大輪の花火が次々と開いた。ラストは、午後9時に小池清彦市長と太田加茂商工会議所会頭、ミス雪椿の3人が点火スイッチを押して大ナイアガラを点火。長さ約2kmの導火線の光が空中を走ると、はらはらと落ちる光の滝が浮かび上がり、「きれいだね〜」と観客からは自然と歓声や拍手が起こった。

(坂井)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com