三条産ナシの出荷が「幸水」から本格化 (2018.8.17)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

県内有数の果樹産地、三条市大島地区の生産物を集出荷するJAにいがた南蒲大島選果場=三条市代官島=は、16日からナシの本格的な出荷を開始し、秋から暮れの洋ナシ「ル レクチエ」まで続く三条産ナシのリレーがスタートした。

ナシの出荷が本格化したJAにいがた南蒲大島選果場
ナシの出荷が本格化したJAにいがた南蒲大島選果場

トップバッターの品種「幸水(こうすい)」は、みずみずしく糖度が高いのが特徴。生育期に雨が少なかった本年は、今のところ小玉傾向だが、糖度は高く、甘みは例年以上だ。

本格出荷2日目の17日は、10キロ入りで約500箱分の計5トンが生産者から持ち込まれた。次々と選果機のベルトコンベヤーの上を流れる「幸水」は、センサーによって糖度や大きさなどで振り分けられ、箱詰めされた。

選果機を流れるナシ
選果機を流れるナシ

今後、出荷量は増え、ピークの21日ころは1日に約25トンを出荷する見込みで、県内をはじめ、北海道、関東、名古屋、大阪の市場に並ぶ。

同JA管内では、三条市の大島地区と加茂市の須田地区と川西・山島地区の合わせて200ヘクタールでナシを栽培しており、本年の出荷予定量は、三条市1,300トン、加茂市で2,000トンの計3,300トンで、平年並みを見込んでいる。

大島園芸振興協議会和なし部会の松下部会長
大島園芸振興協議会和なし部会の松下部会長

大島園芸振興協議会和なし部会(80人)の松下弘樹部会長(42)は、「ことしは冬の大雪にも耐え、猛暑も耐え、木も生産者も耐えて、収穫を迎えることに安堵と喜びを感じています」と、深刻な水不足など過酷な環境を乗り越えて美味しくなったナシを「大勢の方に味わっていただき、シーズンを通して食べて頂きたい」と話した。

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com