東京ヤクルトスワローズカップ少年野球交流大会は愛媛県・松山市が2年ぶり4回目の優勝 (2018.8.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

17、18の2日間、燕市のスポーツランド燕で第6回東京ヤクルトスワローズカップ少年野球交流大会が開かれ、スワローズとコラボ事業を進める燕市とスワローズのキャンプ地の愛媛県松山市、沖縄県浦添市、宮崎県西都市から少年野球の代表チームが出場して競った結果、松山市が2年ぶり4回目の優勝を飾った。

見逃し三振を奪って優勝を決め喜ぶ松山市代表ナイン
見逃し三振を奪って優勝を決め喜ぶ松山市代表ナイン

4都市の回り持ちで毎年開かれている大会で、トーナメントで競った。初日は松山市が8-4で燕市に勝ち、浦添市が5-2で西都市に勝った。昨年は燕市予選会で優勝した燕南野球スポーツ少年団が燕市代表として優勝し、初めて燕市に優勝カップをもたらした。今回はやはり燕市予選会で優勝した燕西小野球スポーツ少年団が燕市代表で出場したが、燕市の2連覇はならなかった。

2日目18日は3位決定戦で燕市は6-0で西都市に完封勝ちして3位に。決勝では松山市が4-7の状況から6回裏に大量6点をあげて逆転に成功し、10-7で優勝を決めた。

優勝して表彰を受ける松山市代表
優勝して表彰を受ける松山市代表

閉会式では各チームに鈴木力燕市長や東京ヤクルトスワローズの衣笠剛球団社長、由規投手、マスコットキャラクターのつばみちゃんから優勝カップや賞状、メダル、記念品などを贈った。

このあと燕市を除く3チームは燕市磨き屋一番館でスプーン磨き体験、夜は全チームでバーベキューで交流。翌19日は燕市を除く3チームの信濃川大河津資料館を見学して帰路に着く。18日の試合のスコアと各チームの記念撮影は次の通り。

3位決定戦
1 2 3 4 5 6 7
燕市 0 4 1 0 0 0 1 6
西都市 0 0 0 0 0 0 0 0

決勝
1 2 3 4 5 6 7
浦添市 0 3 1 0 3 0 0 7
浦添市 2 0 0 0 2 6 × 10

優勝の松山市
優勝の松山市

準優勝の浦添市
準優勝の浦添市

3位の燕市
3位の燕市

4位の西都市
4位の西都市

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com