三条消防の22日の熱中症による救急搬送は過去最高8件 (2018.8.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2日連続の猛暑日となった22日の三条市では、救急搬送が相次ぎ、熱中症の症状による搬送は、過去最高の8件となった。

22日はフル稼働状態だった三条市消防本部の救急車
22日はフル稼働状態だった三条市消防本部の救急車

三条市消防本部によると、この日の救急搬送は25件で、1日平均11件の2倍以上だった。さらにそのうちの熱中症と思われる症状による搬送は、これまで最も多かった7件を上回る8件だった。

8件の内訳は、午前中1件で午後7件。午前9時台に運動競技中にけいれんを起こした10歳代女性。

午後は、3時台、屋外で作業中の30歳代男性。4時台、屋内で作業をしていた60歳代男性、工場内で作業をしていた50歳代男性。6時台、帰宅した家族が発見した屋内で倒れていた70歳代女性。7時台、日中、屋外で作業し、帰宅後にけいれんを起こした70歳代男性。8時台、日中に屋外で作業し、帰宅後に吐き気や頭痛などの症状をうったえた60歳代男性の計7人を搬送した。

6人が軽症で、2人が入院が必要な中等症だった。

また、今夏は救急搬送は全体的に増加傾向で、7月は昨年の377件より57件多い434件、8月は22日までで昨年の301件を52件上回る353件となっている。

三条市の気温は、盆休み明けにぐっと下がり、最高気温は17日が24.1度、18日26.0
度、19日29.2度、20日30.2度と比較的涼しい日が続いていたところに、台風による
フェーン現象で21日36.4度、22日35.7度と2日連続の猛暑日をぶり返した。熱中症の救急搬送は、16日から20日の5日間は1件もなかった。

翌23日も最高気温が40度を超える記録的な猛暑となるなど、もう数日暑さが続く予報で、熱中症には十分な注意が必要だ。

(坂井)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com