三条市のドッジボールチーム「長沢ブルーモンスターズ」が全国大会出場を市長に報告 (2018.9.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市立の長沢小学校、大浦小学校、大崎学園の児童でつくるドッジボールチーム「長沢ブルーモンスターズ」は8月31日、国定勇人三条市長を表敬訪問し、群馬県前橋市で開かれた第28回全日本ドッジボール選手権全国大会に出場した結果を報告した。

三条市長を表敬訪問した長沢ブルーモンスターズ
三条市長を表敬訪問した長沢ブルーモンスターズ

午後5時にそろいのユニフォームを着た長沢ブルーモンスターズのメンバー16人のうちの12人が、神田一マネージャーとともに市役所を訪れた。

同チームは、11チームが出場した7月1日の新潟県大会で優勝し、全国大会に8年ぶり3回目の出場を決めた。

第28回全日本ドッジボール選手権全国大会は、8月12日に前橋市のALSOKぐんまアリーナで開催され、全国から48チームが出場。予選リーグで4チームずつの総当たり戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントへ進出した。

長沢ブルーモンスターズは、新潟県代表として5年ぶりに予選を勝ち進み、決勝トーナメントでは、1回戦で神奈川県のゼブラ★パワーズと対戦したが、惜しくも8対6で負け、ベスト24の成績だった。

ドッジボールは12人制で、1試合5分。内野と外野に分かれて、最終的に内野に残った人数の多い方が勝ちのゲーム。

キャプテンの田中大喜選手=長沢小6年生=は、「カラーコートを楽しめた」と全国大会の様子を話し、「ほかの県にはもっと強いチームがいることを知った」。ベスト8以上を目標にしていたので、もっと上に行きたかったと言い、来春の全国大会での全国制覇を新たな目標と掲げた。

長沢ブルーモンスターズは、小学3年生から6年生のチーム。長沢小学校や大浦小学校で、週4回、1日2時間から3時間の練習をしている。

(坂井)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com