帯織・日枝神社の秋季大祭で神楽舞 (2018.9.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市栄地区の帯織にある日枝神社で1、2日と秋季大祭が行われ、恒例の神楽舞が奉納された。

日枝神社秋季大祭の神楽奉納
日枝神社秋季大祭の神楽奉納

日枝神社は毎年5月4、5日に春季大祭、9月の第1土、日曜に秋季大祭を行い、いずれも神楽の奉納が恒例。この秋季大祭では、境内の舞殿で1日に5舞、2日に12舞が奉納された。

2日は晴れて汗ばむ陽気のなか、午後1時半から日枝神社の怜人や稚児10人余りで奉幣(ほうへい)の舞、榊の舞、鳥形の舞、稚児による羽返しの舞、先稚児の舞などを順に待った。

小学校4年生と5年生の女の子による先稚児の舞
小学校4年生と5年生の女の子による先稚児の舞

境内に露店も出て子どもたちも多く、境内で遊んだり、拝殿に上がって菓子を食べてまったりしたりとのんびり過ごし、ゆっくりと時間が流れていた。

子どもたちも良く知ったもので、舞のなかでもちまきがある五穀撒(ごこくちらし)の舞や福神遊の舞になると舞殿の周りに集まり、怜人がまく菓子に飛びついていた。

五穀撒の舞で菓子の争奪戦
五穀撒の舞で菓子の争奪戦

栄地区の神楽はで伝承される33舞の神楽は「栄神楽」として三条市指定無形民俗文化財に指定されている。帯織、東光寺、吉野屋の3地区で栄神楽保存会(宮島金一郎会長・会員30人)をつくって保存に努めており、それぞれの地区の神社で神楽を舞うほか、見附市の神社で舞うこともあるという。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com