初めて「燕市下水道フェア」と題して8、9日と燕市下水終末処理場で「下水道の日」にちなんだイベント (2018.9.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

9月10日の「下水道の日」にちなんで下水道への理解や、下水道への接続促進を図ろうと燕市は8日(土)、9日(日)の2日間、初めて「燕市下水道フェア 2018」と題して燕市下水終末処理場を公開し、缶バッジ製作や働く車の乗車体験などのイベントを充実させる。

燕市下水道フェアで製作する缶バッジとプレゼントする花の種
燕市下水道フェアで製作する缶バッジとプレゼントする花の種

2日間とも午前9時から午後4時半まで開く。働く車の体験乗車と缶バッジ製作体験は初めての企画。働く車の体験乗車は、高所作業車、ミニバックホウ、除雪車などを展示し、体験乗車できる。缶バッジは昨年はプレゼントしたが、今回は製作にチャレンジしてもらう。先着150人が燕市内に設置されているマンホールの図柄の缶バッジを製作できる。

処理場施設見学は毎年恒例で、職員が下水道の役割や水処理の仕組みを説明しながら施設内を案内する。案内を開始時刻は、2日間とも午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時、4時の1日6回。

花の種と肥料のプレゼントも恒例で、先着200人にナデシコ、ヘクサリウム、キバナコスモス、ヤグルマソウの種や下水道の汚泥を再利用した肥料をプレゼント。ただ、花の種のパッケージは「忘れない 暮らしの下に 下水道」の標語などを名入れした。

また、マンホールカードの臨時配布や排水設備など下水道に関する相談も受け付ける。

毎年、燕市下水終末処理場の一般公開を行っている。年々、内容を充実させており、昨年は2日間で127人が来場した。より多くの市民から下水道に関心をもち、足を運んでもらおうと初めて「燕市下水道フェア」と命名したもので、大勢の来場を呼びかけている。

(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com