新発田城の堀の水ぜんぶ抜いて外来種退治 (2018.9.19)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県新発田市大手町の新発田城で17日、堀の水を抜いて外来種を駆除する「とりもどそう!新発田城おさかなパラダイス♪」が行われ、市民らが参加して堀にすみついた外来種を捕らえた。

新発田城の堀の水を抜いて行われた「とりもどそう!新発田城おさかなパラダイス♪」
新発田城の堀の水を抜いて行われた「とりもどそう!新発田城おさかなパラダイス♪」

新発田青年会議所(佐藤友哉理事長)が主催。テレビ東京系列で放送されている「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」にならったようなイベントで、環境保護団体「生物多様性保全ネットワーク新潟」の協力を得て行った。

堀で住む生物を次々と捕まえる
堀で住む生物を次々と捕まえる

水を抜いた堀はヘドロが堆積していて悪臭を放ったが、子どもたちは堀に入り、目を輝かせて魚などを捕まえた。多くはフナやコイで、捕まえて水を入れたプールに移した。外来種はザリガニのほか、小さなブルーギルも捕まえた。

在来種のフナやコイはプールに入れてあとで堀へ戻す
在来種のフナやコイはプールに入れてあとで堀へ戻す

一方で絶滅危惧種のゲンゴロウブナ、オオヤマトンボのヤゴも見つかった。子どもたちは専門家の解説にじっくりと耳を傾けていた。テレビ番組人気もあって関心は高く、参加者以外の見物客も多く、あっと驚くような発見はなかったが、未知の生物との出会いやお宝発見に期待するわくわく感を味わっていた。

外来種のブルーギル
外来種のブルーギル

(佐藤)

オオヤマトンボのヤゴも
オオヤマトンボのヤゴも

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com