新米を食べるはしの袋に交通安全標語 1000膳を寄付 (2018.9.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市交通指導隊員の藤節子さん(79)=燕市吉田東栄町=は19日、手作りした交通安全標語付きのはし袋にタケのはしを納めた1000膳(ぜん)を交通安全の啓発グッズに役立ててほしいと燕署(渋谷正夫署長)に寄付した。

交通安全標語のある1000膳のはしを寄付して渋谷署長から感謝状を受けた藤さんと渋谷署長
交通安全標語のある1000膳のはしを寄付して渋谷署長から感謝状を受けた藤さんと渋谷署長

はし袋は、模様のついた折り紙を手作りしたもの。藤さんが自分で考えた自転車乗り用の「自転車は車両の仲間 左のハシを」と歩行者用の「しっかり確認 歩くのは、右のハシを」とそれぞれ道の左、右を進行するよう呼びかける標語を印刷した2種類ある。

藤さんは手先が器用で、布や毛糸を使った手芸品を作るのも得意。その趣味を生かして交通安全に役立つことはできないかと考えて毎年、1000膳を寄付し、ことしで6年目になった。

標語がある手作りのはし袋
標語がある手作りのはし袋

新米が出回る秋の全国交通安全運動にあわせ、新米をこのはしで食べるときに標語を見てもらおうというねらい。藤さんは「ご飯を食べるときに思い出して交通安全の会話になったりすることから事故防止ができれば」と期待し、渋谷署長は「交通安全意識の高まりにもつながる」と感謝した。

できるだけ燕市民の手に渡るようにと、燕署では秋の全国交通安全運動初日の21日午前、燕市内のスーパー3店で行う特別街頭指導で市民に配布するほか、高齢者の家庭訪問などでも配布する。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


公益社団法人燕市シルバー人材センター会員大募集中!入会特典で日帰り温泉へ割引き優待。まずは入会説明会へ!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com