燕ロータリ杯サッカーU-12に昨年の1.5倍の24チーム バックパネルを新調 (20189.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

昨年に続いて第2回の「燕ロータリークラブ杯サッカー大会U-12」が23、24の2日間、燕市吉田ふれあい広場で開かれており、燕市と近郷の小学生サッカークラブチームから昨年の16チームの1.5倍、24チームの約400人が出場して競っている。

「燕ロータリークラブ杯サッカー大会U-12」の1日目
「燕ロータリークラブ杯サッカー大会U-12」の1日目

燕ロータリークラブは、スポーツを通して青少年の健全な育成を図ろうと少年野球、バドミントン、ソフトテニスの冠大会を主催している。それに加えて昨年度から新たにこのサッカー大会をスタート。県央地域をはじめ県内各地から少年サッカーチームが集結した。

午前8時半から行った開会式では、昨年の記念すべき第1回大会で優勝した燕市の吉田サッカークラブが優勝トロフィーを返還するとともに主将の吉田南小6年鈴木龍太郎さんが「今まで積み重ねてきた練習の成果を十分に発揮し、今回の試合に携わっていただいた関係者の方々、地域の方々に感謝し、正々堂々、力の限り戦い抜くことを誓います」と選手宣誓して開幕した。

昨年優勝の燕市・吉田サッカークラブの鈴木龍太郎主将が選手宣誓
昨年優勝の燕市・吉田サッカークラブの鈴木龍太郎主将が選手宣誓

23日は3チームずつ8ブロックに分かれて予選リーグを行った。絶好の秋晴れに恵まれて暑すぎるほどだったが、選手たちは優勝を目指して全力でプレーしていた。2日目24日は決勝トーナメントを行う。

第1回の昨年は市内の金属加工業者に頼んでオリジナルの優勝トロフィーを製作したが、ことしは各チームが集合写真を撮る背景にしてもらおうと、主催の燕ロータリークラブと主管の燕市サッカー協会の名称を入れた大会のバックパネルを製作。SNSで情報発信してもらおうというねらいだ。

新調したバックパネル
新調したバックパネル

(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com