プロギタリスト坂本夏樹さんが三条市の工場と共演して「奏でる工場」 (2018.10.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「燕三条 工場の祭典」の公式レセプションとして5、6の2日間、株式会社テーエム(三条市金子新田967)の工場で3年目の「奏でる工場」が開かれ、ことしもプロギタリスト坂本夏樹さんと地元工場の経営者らが共演する。

4日夜に会場のテーエムで行ったリハーサル
4日夜に会場のテーエムで行ったリハーサル

2015年の工場の祭典で三条市内のヤマトキ製作所とテーエムが連携して金属製のギターのピックを作るワークショップを行った。そのピックがたまたま坂本さんの手に渡ったことから話が広がり、「奏でる工場」につながった。

坂本さんはチリヌルヲワカ、She Her Her Hers、Over The Topなどでのバンド活動を経て、プロデューサーやスタジオミュージシャン、さまざまな楽器メーカーのデモンストレーターとして活躍している。

今回はギターを弾いて歌う坂本さんにドラムとギターが加わり、三条市内のテーエム、ニシムラデザイン、ヤマトキ、樋口工作所、近藤製作所の経営者らが「ドラム缶奏者」となり、ドラム缶を打楽器にしてたたいて共演する。

過去2回は坂本さんが書き下ろしの曲などを用意したが昨年、三条市民にはおなじみの「三条凧囃子」を演奏したところ好評だった。坂本さんは「今までは自分たちが楽しめるようにと思っていましたが、見て聴いて、来てくれたみんなで楽しめるものしようと思って」。行き着いたのは斜め上を行くクラシックだった。

坂本夏樹さん
坂本夏樹さん

ラベルの「ボレロ」、行進曲の「威風堂々」、ドボルザークの「新世界より」、ベートーベンの「喜びの歌」を演奏する。「見た目にも相当、おもしろいはず」と坂本さんは自信満々だ。

ことしは演奏者が着るそろいの緑色のつなぎを新調した。グラインダーを使って火花を散らすファイアーパフォーマンスも恒例で、工場内に工場の祭典のピンクストライプで染めるプロジェクションマッピングも行う。昨年は2日間とも約100人が来場した。

2日間とも午後6時オープンでキッチンカーによるその名も「KOU-Bar」を用意。演奏は7時から8時までで、9時にクローズ。入場料は1,000円、中学生以下は無料。会場のテーエムの電話は0256-33-1200。

株式会社テーエムへの地図

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com