秋晴れにカキの実の青と赤のコントラスト (2018.10.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

23日の県央地域はすがすがしい秋晴れとなり、燕市役所周辺からも、紅葉が始まった弥彦山がくっきりと見えた。

たわわに実ったカキ
たわわに実ったカキ

秋の代表的な味覚と言えばカキ。万葉歌人の柿本人麻呂が、自宅に柿の木があったことから「柿本」にしたとも言われ、日本では古くから栽培されている。ビタミンが多く含まれてるなど、栄養価が高いことでも知られ、干し柿にすれば冬の間も食べられる。

ことしも残すところあと2か月。三条市では「お取越し荒れ」という言葉があるように、11月に入ると冬への移行で天気が崩れやすくなるため、今のうちに太陽の光を目いっぱい感じておきたい。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com