8人の作家が「箱」をテーマに制作した薪絵や彫刻、オーブン粘土 (2018.10.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市岡ノ町、貸しアトリエ「あとりえきっか」では26日から11月4日までの金、土、日に「箱展〜作家たちのBox Art展4〜」を開き、薪絵や彫刻、オーブン粘土などの作家8人が「箱」をテーマに制作した作品を展示している。

「あとりえきっか」で開かれている箱展
「あとりえきっか」で開かれている箱展

箱展は、2015年から開き、4回目。同アトリエ主宰の長谷川優子さんが、ふだんは日本画、彫刻、蒔絵、オーブン粘土、造形、版画、イラストなど、さまざまなジャンルの作家に呼びかけて参加してもらっている。

作品は、箱そのものを表現したもの、箱の中だったり外側に作品の世界観を広げたもの、箱と捉えた額の中に入った作品。桐たんす職人の作った箱と蒔絵と羊毛フェルトのコラボレーション、ルーペを使って箱の中の世界を鑑賞するミニチュアサイズの作品など、「箱」をテーマに、幅広いジャンルの作家がそれぞれの視点で制作した作品が並ぶ。

箱展の会期は、10月26、27、28、11月2、3、4日の6日間。午前10時から午後5時までで、最終日のみ午後3時半まで。入場無料。また、11月3日のみ、午前10時半から午後1時半まで香水作りワークショップ「オリジナルフレグランス講座」(参加費1,000円)を同時開催する。

ミニチュアサイズの作品

「箱展」出展者は次の通り(敬称略)。
▲遠藤茂雄(木工、加茂市)▲土田朋子(版画・イラスト、新潟市)▲木村富美子(蒔絵)▲古川敏郎(彫刻、阿賀野市)▲さいとうようこ(造形、新潟市)▲村山珠代(造形、長岡市)▲斉藤和行(日本画、新潟市)▲*puco*(オーブン粘土、仙台市)

薪絵と桐たんす職人、羊毛フェルトのコラボレーション
薪絵と桐たんす職人、羊毛フェルトのコラボレーション

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com