「下町ロケット」のトラクターが原寸大の段ボールトラクターに (2018.10.30)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市で大型ロケが行われているTBS日曜劇場「下町ロケット」の人気にあやかって観光施設への誘客を図ろうと燕市内のメーカーが段ボールで製作した原寸大のトラクターが30日、「道の駅 国上」(燕市国上)にお目見えした。

道の駅 国上にお目見えした「下町ロケット」に登場するトラクターに模した原寸大段ボールトラクター
道の駅 国上にお目見えした「下町ロケット」に登場するトラクターに模した原寸大段ボールトラクター

「下町ロケット」に登場するクボタのトラクター「SL60」がモデルで、全長3,340ミリ、全幅1,545ミリ、全高2,330ミリ。素材は三層構造の強化段ボールなので、重さは170キロにもなる。体重80キロ以下の人はシート部分に座ることもできる。

「道の駅 国上」の売り場に掲示している「下町ロケット」の巨大パネルの前に設置。訪れた人は実物と同じ大きさのトラクターが段ボールで作られていることに驚いた。燕市でロケが始まって以来、市内では何かと言えば「下町ロケット」の話題で持ち切りで、ここでも「下町ロケット」の話に花を咲かせていた。シートに座って記念写真を撮る人も多く、インスタ映え抜群だ。

市役所で設置報告会を開き3分の1モデルを除幕
市役所で設置報告会を開き3分の1モデルを除幕

製作したのは来年1月で創業100年になる森井紙器株式会社(森井康社長・燕市吉田下中野)。段ボールシートや段ボール箱を製造している。燕市でのロケが始まる前の9月初めに鈴木力市長から段ボールトラクターを作れないかと相談があり、3人の設計者が担当して構想から1カ月余りかけて製作し、おとなが乗れること、実物のトラクターの形の再現性にこだわった。

30日、市役所で段ボールトラクターの設置報告会を開き、3分の1サイズで試作したものを除幕して披露した。森井社長は「ものづくりの燕市をいろんな側面でアピールしたいというお話しだった」と言い、「結構、お金も時間も技術もかなり要した」と苦心したことを話した。

あいさつする森井社長
あいさつする森井社長

さらに「こういったチャンスで燕市に貢献ができたら会社としても何より」、「金属加工品はもちろんだが、それを支える梱包資材でも技術がある、このまちは何でもできる、何でもそろうんだということでアピールができたらうれしい」と森井社長は喜ぶ。

また、段ボールトラクタは「道の駅 国上」に展示したものとは別に11月中旬から「道の駅 燕三条地場産センター」でも1台、展示する。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com