燕市出身マラソンのオリンピアン宇佐美彰朗さんが6人目の燕市PR大使に (2018.10.30)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市は11日午後1時20分から信濃川河川事務所大河津出張所で燕市PR大使任命式を行い、元マラソン選手で燕市出身のオリンピアン、宇佐美彰朗さん(75)を6人目の燕市PR大使に任命する。

燕市PR大使に就任する宇佐美彰朗さん
燕市PR大使に就任する宇佐美彰朗さん

宇佐美さんは1943年生まれで旧吉田町出身。巻高校、日本大学を卒業し、西ドイツ・ケルン大学への留学経験もある。1992年に東海大学体育学部教授、2009年に東海大名誉教授となった。

マラソン選手として1970年の福岡国際マラソンで2時間10分27秒8の自己ベストで当時の日本最高記録、世界歴代3位となった。

五輪では1968年のメキシコからミュンヘン、モントリオールと3回連続出場を果たし、成績はメキシコの9位が最高だった。

燕市は来年4月20日、それまでの燕マラソン大会を「燕さくらマラソン大会」と名称も新たに初めて大河津分水さくら公園を会場に新種目を増やして開く。その目玉に宇佐美さんの参加を求め、大会のPRアンバサダーに就任してもらうことになった。

鈴木力市長は30日行った定例記者会見で「それだけじゃなく、いろんな形でふるさとに貢献したいという話をいただいたので、それじゃあマラソンのアンバサダーよりもうちょっと広い活動をしてもらうという意味でPR大使というのがある、じゃあそれはぜひやりましょうという話になった」とPR大使就任に至るいきさつを話した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com