男性向け家事・育児セミナー「伸ばそう、子どもの『やりたい!』と親の見守る力」 (2018.11.2)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市は17日午前10時から、「伸ばそう、子どもの『やりたい!』と親の見守る力」をテーマにした父子で参加する男性向け家事・育児セミナーを初めて開く。子どもたちはカレーライスを調理し、男親が見守りながら共に楽しく学ぶ内容で、父親と子、祖父と孫を対象に参加者を募集している。

男性向け家事・育児セミナー「伸ばそう、子どもの『やりたい!』と親の見守る力」のちらし
男性向け家事・育児セミナー「伸ばそう、子どもの『やりたい!』と親の見守る力」のちらし

男親が同テーマの講座を受講し、同時に子どもたちは調理実習を行う。調理は、鍋でご飯を炊いて、カレーを作り、昼食に父親らといっしょ食べる。講師は、NPO法人ハートフルコミュニケーション理事の土田陽子さん(燕市)、食育インストラクターの青山珠江さん(三条市)の2人。

会場は、三条ものづくり学校内の三条市男女共同参画センターと調理実習室。対象は、父親と子ども、祖父と孫。参加する子どもは年長から小学6年生まで。定員は、親子8組16人。参加費は無料。

当日は、午前10時に開会。10時10分から午後0時10分まで、親は講座、子どもは調理実習。0時10分から会食、後片付けや感想タイムなどを行って、1時半に終わる。

参加する子どもは、調理実習用に三角巾、エプロン、マスク、手拭用タオルを用意する。

主催の市民部地域経営課によると、事前の申し込みが必要だが、保育ルーム(1人200円)も用意しているので、開催時間の3時間ほどだが、お母さんをフリーにしてあげる時間にもできるのではとの提案も。子どもたちが自分の力で何かをする体験とあわせて、父親力をアップさせる楽しい講座なので、お父さんやおじいちゃんに、気軽な参加をと呼びかけている。

申込みや問い合わせは、三条市市民部地域経営課(電話:0256-34-5624、電子メール: chiikikeiei@city.sanjo.niigata.jp )へ。応募締切は、11月12日。

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com