殿様が好んだ食用菊「りゅうのひげ」を使った行楽弁当を弥彦で販売 (2018.11.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

全滅寸前だった食用菊を復活させた「りゅうのひげ」を使った行楽弁当が、週末の3、4日、10、11日と弥彦菊まつりや紅葉狩りでにぎわう新潟県弥彦村の多目的ホール「ヤホール」で販売されている。

「殿様ロール」(2個入り450円、4個入り880円)
「殿様ロール」(2個入り450円、4個入り880円)

販売されているのは「殿様ロール」(2個入り450円、4個入り880円)と「殿様 蟹(カニ)ちらし」(1,000円)で、いずれも数量限定。これとは別に新潟市岩室観光施設「いわむろや」で4日、「秀石庵(しゅうせきあん)の菊花弁当」が注文限定販売される。

新潟市西蒲区の出回る食用は黄色い品種が多く、三根山藩のちに峰岡藩(今の新潟市西蒲区峰岡)の殿さまが好んだ「菊ご飯」があったらしいことがわかった。殿様が好んだキクは「嵯峨(さが)ギク」という古典菊を代表する一種が原種と思われ、この地区では「龍の髭(りゅうのひげ)」として親しまれてきたらしいこともわかった。

「殿様 蟹(カニ)ちらし」(1,000円)
「殿様 蟹(カニ)ちらし」(1,000円)

この「りゅうのひげ」を次世代に残そうと「りゅうのひげ会」(山岸拓真代表)絶滅寸前だった2株から復活させた。昨年度の実績が評価され、今年度も新潟市食文化創造都市プロジェクトに認定されている。

ことしの「りゅうのひげ」は11月1日に出荷開始し、地元に新しくオープンした原信巻店やいわむろやで販売。さらにPRを図ろうと弥彦で販売することにした。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com