三条の2つのライオンズクラブがことしも三条市にAEDを寄付 (2018.11.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市の三条ライオンズクラブ(長谷川富次会長)と三条中央ライオンズクラブ(小林時男会長)は19日、両クラブの合同アクトとして、ことしもAED(自動体外除細動器)1台を三条市に寄付した。

左から国定勇人市長、左から市長、長谷川富次三条ライオンズクラブ会長、小林時男三条中央ライオンズクラブ会長
左から国定勇人市長、左から市長、長谷川富次三条ライオンズクラブ会長、小林時男三条中央ライオンズクラブ会長

午後1時半に、長谷川会長と小林会長をはじめ、両クラブの幹事や担当委員長などが市役所を訪れ、両会長から国定勇人市長に40万円相当のAEDを手渡した。

両クラブは毎年、合同で奉仕事業を行っており、2004年に一般の人でもAEDの使用が認められ、公共施設などにも設置が進み始めたことを受けて2006年からAEDの寄付を行っており、13台目となった。

国定市長をはさんで向かって左が三条中央ライオンズクラブ、右が三条ライオンズクラブのメンバー
国定市長をはさんで向かって左が三条中央ライオンズクラブ、右が三条ライオンズクラブのメンバー

三条市の公共施設には現在、92台のAEDが設置されており、寄付を受けたAEDは、環境啓発施設「かんきょう庵」に設置される。

三条市消防本部によると、市の施設に設置されたAEDを実際に使用したケースは7件あり、うち2人が心肺蘇生しているという。

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com