三条市内4人の農業者を初めての三条農業マイスターに認定 (2018.11.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市は20日、「三条農業マイスター」の第1回目の認定式を行い、「卓越した能力を有する農業者」と認めた4人にマイスターの認定証を授与した。

「三条農業マイスター」の第1回の認定式
「三条農業マイスター」の第1回の認定式

三条市は今年度、卓越した技能を有する市内の農業者の認知度を高め、技術の継承と人材の育成を図ることを目的に、「三条農業マイスター認定事業」を創設。

マイスターの活動は、農業者への技術指導、地域住民への地産地消などの農業啓発活動、市が実施する農業施策への助言や協力など。学校や地域での出前授業やイベントでの地産地消のPRなども行なう。

三条農業マイスターに認定された4人

10月7日付けで第1号の認定を受けたのは、「水稲」部門の野崎文夫さん(66)=林町2=、小林茂宏さん(54)=上須頃=。「果樹」部門の金子俊哉さん(60)=井戸場=、石黒博之さん(54)=代官島=の4人。

マイスターの対象者は、農業に卓越した能力を有し、その伝承に意欲的な者。さらに、市内在住、新潟県指導農業士として2年以上の活動実績を有するなど、定められた条件を満たしている人で、認定条件を満たしている間は、任期の定めはない。

ロゴマークを印刷したブルゾンを着たマイスター
ロゴマークを印刷したブルゾンを着たマイスター

認定式では、国定勇人市長から4人に、認定証と盾、記念品のブルゾンが手渡された。ブルゾンは、落ち着いたグレーで、背中に「三条農業マイスター」のロゴマークのプリントとが入り、右腕の部分にはロゴマークのカラーの刺繍が施されている。ロゴマークは、地域おこし協力隊の山口晃さんがデザインした。

さっそくブルゾンに袖を通したマイスターは、「地域の農業のことを少しでも消費者に理解してもらえるよう、活動していきたい」と抱負を述べた。

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com