三条市と損保ジャパンが地方創生で連携協定 (2018.12.19)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市と損害保険ジャパン日本興亜は19日、地方創生に関する包括連携協定を結んだ。災害時に同社ドローンの活用や女性活躍推進などに両者で取り組む。

協定書に調印した三条市の国定市長(左)と損害保険ジャパン日本興亜新潟支店の松本支店長
協定書に調印した三条市の国定市長(左)と損害保険ジャパン日本興亜新潟支店の松本支店長

同社新潟支店の松本康宏支店長が市役所を訪れ、同社のドローンを前に国定勇人市長と協定書に調印した。

協定の内容は、地域の安心・安全、地域産業振興、健康増進、観光振興、女性活躍推進がある。地域の安心・安全では同社が地震や大火による被害調査に利用しているドローンを、災害発生時の被害状況把握のための撮影支援や地形や環境の観測、記録にパイロット付きで貸し出す。

地域産業振興では同社社員を対象に市特産品やイベント情報など地域の魅力を発信。健康増進では特定健診やがん検診の受診率向上の取り組み、観光振興では訪日旅行保険の販売、医療通訳の提供、ハラール対応のトータルサポート。女子活躍推進では働く女性のネットワークづくりなどを行う。

ドローンを前に調印
ドローンを前に調印

同社は各地の自治体と同様の協定を結んでおり、三条市は新潟県内で21番目。国定市長は「損保業界は裾野が広く、わたしたちでは知ることのない新たなサービスや技術を常に時代の最先端に接しながら業務展開されていると思うので、そうした強みをぜひ三条のためにも提供いただければ」と期待した。

松本支店長は、「損保会社だがグループ全体では健康増進、介護、子どもたちへのスポーツ推奨、女性活躍推進の観点でも強みをもっていると自負しており、微力だが三条市、三条市民の皆さまに少しでもお役に立てれば幸い」と述べた。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com