福顔酒造のできたて生原酒「えちご只今さんじょう」発売 (2018.12.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

厳冬期が仕込みの最盛期となる三条市唯一の酒蔵、福顔酒造株式会社(小林章社長・三条市林町1)では、今しか味わえない、できたての生原酒「えちご只今さんじょう」をことしも数量限定で発売する。

福顔酒造が発売する「えちご只今さんじょう」
福顔酒造が発売する「えちご只今さんじょう」

三条市の下田産のコメと五十嵐川の柔らかな水を使い、昔ながらの酒造りを行う同社。「いい酒を造るためには寒さが厳しいころに仕込む」として毎年、10月下旬から4月中旬にかけて酒造りを行っている。

そのできたての酒を味わってもらおうと、年末から3月ころまでの4回ほど、その時々のしぼりたての新酒を「えちご只今さんじょう」(500ml・1,300円)として瑠璃色のボトルに入れて販売している。

しぼりたての琥珀色の酒
しぼりたての琥珀色の酒

ことしは第1回目を24日に発売する。最初の「えちご只今さんじょう」は特別本醸造で、20日ころから瓶詰作業を開始。もろみの香りに包まれたほの暗い仕込み蔵では、琥珀色をした原酒が絞り出されている。

生原酒は、熟成させることでまろやかになる通常の酒に比べると、はじけるようなフレッシュな香りと味わいで、今しか味わえない味にファンも多く、北海道から沖縄まで注文があるという。

出荷前の最終チェック
出荷前の最終チェック

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com