寒波のなか本成寺ですす払い (2018.12.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市・法華宗総本山本成寺では28日、同寺のすす払いを行い、1年間のほこりを払い清めて新年を迎える準備を行った。

仕事納めの28日に本成寺で恒例のすす払い
仕事納めの28日に本成寺で恒例のすす払い

毎年28日に行う恒例行事。冬型の気圧配置となったこの日、作業を始めた午前9時は1.0度の厳しい寒さのなか、扉や窓を開け放って行った。

ことしも山内住職や門前信徒、本成寺世話人など約50人で行い、節分の鬼踊りなども行われる本堂から始め、寂光殿、客殿、奥書院とすす払いを進めた。

門前信徒や本成寺世話人は、「総本山本成寺」の藍色の半てんを着て、帽子にマスク、軍手で防寒とほこり対策。本堂や客殿などで、長さ2メートル近いシュロのホウキで天井や欄間のホコリを落とした。

須弥壇の汚れを落とす
須弥壇の汚れを落とす

畳の上では、長さ1メートルほどのタケの棒を両手に持った5、6人が横一列に並び、中腰になって畳を棒でたたいて前に進み、「パンパンパンパン」という音とともにほこりをたたき出していった。

本堂の内陣では、作務衣を着て頭にタオルを巻いた山内住職が、化学雑巾や柄の長いはたきなどで中央の須弥壇(しゅみだん)から丁寧に拭いて1年の汚れを落とした。

同寺では大晦日の31日は、午後11時45分から除夜の鐘をつく。

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com