本成寺は除夜の鐘の撞鐘会で平成最後の新年を迎える (2019.1.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

法華宗総本山本成寺(門谷日悠貫首・新潟県三条市西本成寺1)は大みそかの12月31日、除夜の鐘の撞鐘会(どうしょうえ)を行い、平成最後の新しい年を迎えた。

力いっぱい鐘をつく国定三条市長
力いっぱい鐘をつく国定三条市長

午後11時45分に朱傘に守られた門谷貫首が行列を従えて客殿から鐘楼堂へ進み、鐘楼堂内部で山内住職らとともに読経のあと、まず門谷貫首が最初に鐘をつく初撞きを行った。

続いて国定勇人市長をはじめ行列に加わった来賓らが鐘をついたあと、列をつくって順番を待つ申し込んだ一般参拝客が順に鐘をついた。

行列で客殿から鐘楼堂へ向かう門谷貫首
行列で客殿から鐘楼堂へ向かう門谷貫首

本成寺の梵鐘(ぼんしょう)はいずれも人間国宝の鋳金工芸作家の香取秀真(1874-1954)、正彦(1899-1988)親子の鋳造とされ、「父子共鳴の鐘」と言われる。口径3尺8寸(144cm)、重量は約400貫(1,500kg)ある。

経巻頂戴の議で門谷貫首から経巻を頭に載せてもらって手を合わせる参拝者
経巻頂戴の議で門谷貫首から経巻を頭に載せてもらって手を合わせる参拝者

鐘をつくと鐘楼堂の中は体で感じるほど大きな音が響き、建物自体も振動しているようだった。参拝者はそれぞれに新年の願いを込めて鐘をついていた。

茶釜の間で甘酒とたくあんのふるまい
茶釜の間で甘酒とたくあんのふるまい

寺務所の茶釜の間では、参拝者に体を温めてもらおうと恒例で甘酒とたくあんが振る舞われた。門谷貫首は鐘をついたあと本堂で年頭の祈願法要を営み、「経巻頂戴(きょうがんちょうだい)の儀」で門谷貫首は参拝者一人ひとりの頭上に経巻(きょうがん)を載せると参拝者は静かに手を合わせていた。

本堂にから延びる参拝者の列
本堂にから延びる参拝者の列

あわせて鬼子母神堂、番神堂、千仏堂などへも立ち寄って参拝していた。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com