無災害の願い込めて6日に三条市消防出初式 (2019.1.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市、三条市消防本部、三条市消防団は6日、三条市消防出初式を行い、消防車両による市中パレード、五十嵐川での一斉放水、消防本部での高層建物総合訓練などを行い、1年の無災害を願う。

昨年の三条市消防出初め式の市中パレード
昨年の三条市消防出初め式の市中パレード

全国の恒例行事にあわせて毎年、開いており、管内の無災害を祈念するとともに、消防職員の士気高揚と住民の火災予防思想の理解と協力を深めることを目的として実施。

パレードは午前9時半に三条市役所三条庁舎前で統監の国定勇人市長らの観閲を受けてスタートする。同本部の消防車や救急車、消防団の車両など合わせて36台が参加。

パレードは、市役所通りを進み、三条郵便局の交差点を左折して第一産業道路を進む。明治安田生命ビル交差点を東三条駅方向に右折し、東三条駅前交差点を右折。東三条商店街、一ノ木戸商店街、中央商店街を進み、本町6丁目交差点を右折して第二産業道路を進んで同本部に戻る。

午前9時45分から55分まで、消防団員など95人が参加し、一斉放水を五十嵐川の昭栄大橋上流の右岸側から行う。

10時15分から40分まで三条市消防本部の訓練棟で高層建物総合訓練を行う。最初に、昨年、同本部の隊員が県代表として11年ぶりに全国消防救助技術大会(京都市)に出場予定だったが、災害のため中止となり競技できなかった「ロープブリッジ救出」を披露。

続いて初期消火訓練を行い、終了後は消防車両を展示し、見学してもらう。一斉放水や高層建物訓練など、だれでも見学ができる。

10時45分から同本部の講堂で式典を行い、11時15分に終わる。

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com