長岡市和島出身の小黒哲也さんの第9回新春書展 (2019.1.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県長岡市和島上桐出身で柏崎市に住む書家、小黒哲也さん(45)の新春書展が、1月5日(土)から2月3日(日)まで故郷の長岡市島崎にある道の駅「良寛の里わしま」の「お休み処 和らぎ家ギャラリー」で開かれる。

1月5日から新春書展を開く小黒哲也さん
1月5日から新春書展を開く小黒哲也さん

小黒さんは県立柏崎高校教諭で、新潟県美術家連盟常務理事、新潟県書道協会理事を務める。新春書展は毎年恒例でことしで9年目。3尺×6尺のパネルを6枚連ねた縦1.8×横5.4mもある作品をはじめ、大作がずらりと並ぶ。

現代的な書で漢詩もあるが、自身で考えた言葉を書いたものも多い。「後悔先に立たずというがやってみなけりゃわからない」、「知ったかぶりは知らない証拠 知らんぷりは知っている」と書いたり、茶道や武道で師弟関係のあり方を示す「守破離」という言葉の前に「基本も大切だけど」、後ろに「守ってばかりいてはダメだ」と自分の言葉を加えたりした作品もある。

4日行った展示作業
4日行った展示作業

さらに表具屋に頼まずに額にも絵や彩色を施したり、3枚のパネルを三角柱に組み合わせたり。既成概念にとらわれず書を自己表現の手段として強いメッセージを放っている。

開幕前日の4日は、夫婦で会場を訪れて展示作業を行った。年に7、8回ほど作品を発表する機会はあるが、展示するのは1、2点。しかしここでは会場の構成から作品まで、すべて自分で考えた通りに実現できる。「1年間やってきたこと、いま思っていることをやれるのありがたい」と小黒さん。「大変だけれど、私も勉強をさせてもらっている。続けていくことが励みにもなる」と話している。

毎週火曜は休館。午前9時から午後4時まで開館、2月3日は午後3時まで。入場無料。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com